1. まとめトップ
  2. ガールズ

“薄太眉”に隠されたメリットが多過ぎて今すぐやりたい!

バブル期に一時太眉が流行り、その後細眉がずっとトレンドだったメイク業界ですがなんとここ最近再び”太眉”が流行ってきてるらしい!やぼったくて時代遅れ…って思っていた頃とは違い最近の太眉のポイントは色とナチュラル感!やり方と太眉にするメリットについてまとめてみた!

更新日: 2013年03月07日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4053 お気に入り 1029641 view
お気に入り追加

Photo by Stockbyte / Stockbyte

”太い眉”って聞いて、
「時代遅れになりそう」
「バブルっぽい!」
「野暮ったい!!」
って思っていませんか?

その考えもったいない!!

実は太眉も大きく変化して、
色々コツを押さえれば、
時代遅れにならず、メリットたくさんの
愛されメイクに変身♪

●”薄太眉”ってメリットがたくさん!!!

Photo by Medioimages/Photodisc / Photodisc

長らく細眉がトレンドで
ファッション誌のメイクコーナーでも
細眉メイクが紙面を飾ってきましたが、
なんと太眉メイクがまたブーム!

太眉に今するメリットは何なのか?

女性はモチロン、男性にもウケがイイ

女性にも男性にもウケがいいのはうれしいですね♪

小顔効果があり若く見える

顔の余白に対して、眉の存在がしっかりあると、顔の余白が少なく感じられ、顔が小さく見えるそうです。
反対に、顔の大きさに対して眉の存在感が薄いと、顔の余白が多く感あじられて、顔を大きく目立たせてしまうそう。
小顔にみせたいなら、顔の余白が少なくなるよう、眉の存在感を出すために、眉を太めに書く!

しっかり芯を持った女性に見える

世間の動向に左右されず、きちんとした自分の意思を持った、大人びた女性らしい雰囲気があります。
眉が太い女性は、仕事の際、頼りがいのあるように見えてきます。
就職活動や、重要ポストについている女性などには太眉がオススメ

●抜きすぎの細眉はデメリットが・・・

Photo by Jupiterimages / Polka Dot

細眉命!とばかりに抜きすぎていた人は
こんなにデメリットが・・・

眉を細くするとまぶたの面積が広がり相対的に目が小さく見えてしまう

眉が細い分、弱々しい雰囲気も出てしまいます

毎日、眉毛書かないと家を出れないようでは困る

●時代遅れにならない”太眉”を作るコツは、”色”と”ナチュラル感”

Photo by MANZO NIIKURA/a.collectionRF / amana images

失敗して「アイタタタ」になった事や
なっている人を見かけた事もあると思います。
そう、アイブロウってけっこうコツがいる・・・

そこで簡単ナチュラルな”太眉”を作るポイントをご紹介

・準備するもの

・アイブロウ ペンシル
・アイブロウ パウダー
・眉マスカラ

(1)眉を書くときに眉のアンダーから書き始める目と眉の距離が近づく

(2)眉の毛が密集している部分(眉頭と眉山の中間あたり)から眉頭に向けてブラシを動かす。

面倒だと思いますが、ブラシでやるのがコツ!
ペンシルで書いてしまうと、一気にバブルです!!

(3)2で描き始めた位置から、今度は眉山に向けてブラシでパウダーをのせる。

(4)パウダーをつけ足さず、眉山から眉尻までブラシを動かす。

(5)眉山から眉尻の毛が薄いところはペンシルで描き足す。ペンシルで描くときは、毛の生え方に沿って描き足すこと。眉尻は、上から下に向かって1本1本毛を描くようにすると自然に仕上がる。

(6)眉マスカラでカラーリングをする。毛流れの反対方向にマスカラを動かし、次は、逆に毛流れに沿って、マスカラを動かす。

●海外セレブの太眉メイク

HOLLYWOOD, CA - NOVEMBER 14: Actress Keira Knightley attends the premiere of 'Anna Karenina' at ArcLight Hollywood on November 14, 2012 in Hollywood, California. (Photo by Jason LaVeris/FilmMagic)

交渉ごとに向く強運なキーラ・ナイトレイ眉

1 2




このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学等役立つ情報をまとめています

RSS登録お願いします
http://goo.gl/nK5Hs