1. まとめトップ

無料で使えるグラフィックソフト・ペイントソフトまとめ

無料で使えるグラフィックソフト・ペイントソフトのまとめです。

更新日: 2013年03月01日

retas_retasさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
69 お気に入り 115989 view
お気に入り追加

凡例

・見出し
=====================
・画像と紹介文
・ダウンロードリンク

の形式でご紹介します。

GIMP

フリーソフトでありながら有料のグラフィック編集ソフトウェアと比べても遜色のないレベルの機能を備えている。レイヤー、トーンカーブ、ヒストグラム、画像の形状からの切り抜き、ブラシエディタ、パスの編集、多種多様なプラグインなどに加え、モザイク編集や、アニメーション合成(GIFアニメーション)を行うなどといったフィルタ機能も数多く備えており、これ一つで、コンピュータ上のほとんどの画像編集は行える。

Inkscape

Inkscape(インクスケープ)はオープンソースで開発されているベクトル画像編集ソフトウェア(ドローソフト)。Inkscape はXML、SVG、CSS などの標準に完全に準拠した強力なグラフィックツールとなることを目標としている。クロスプラットフォームなソフトウェアであり、UNIX 系 OS、Mac OS X、Microsoft Windows などで動く

Paint.NET

Paint.NET(ペイントドットネット)は、.NET Frameworkで動作するグラフィックソフトウェアである。このソフトウェアはMicrosoft Windows用にワシントン州立大学 (WSU) のプロジェクトとして始まり、マイクロソフトの指導と共に開発された。

Pixia

Pixia(ピクシア)は、丸岡勇夫が開発を行っているペイントソフトである。
Windows 3.1用に開発されていたフルカラーグラフィックツールART/fw(アートフォー)の後継にあたる。1998年秋に ver.0 が発表され、2010年現在でも高い頻度でバージョンアップが行われている。フリーウェアでありながらも高度な機能を持っている。

PictBear

フリーながら多機能なペイントソフト。本格的なレイヤー機能やプラグインで追加もできるフィルター機能を備えるほか、スクリプトによる自動処理にも対応している。鉛筆やブラシ、エアブラシのほか、ドラッグした場所をぼかしたり暗くしたりする“指先ツール”や、自由な角度にグラデーションをかけられる“グラデーションツール”など、数多くの描画ツールが用意されている。

AzPainter / AzPainter2

軽快に動作する高性能ペイントソフト。
多機能なペイントソフトと、気軽に使えるお絵かきソフトの中間のような感じのソフトです。
サイズ / 濃度 / 形状 を変更できるブラシ、水彩ペン、テクスチャ塗り、マスク塗り、レイヤー、回転、反転、
ぼかし / 変形 等の各種フィルタ、色調補正、リサイズ、カスタマイズ可能なパレット 等の機能があります。
対応しているフォーマットは、入出力ともにAPD / ADW / PSD / BMP / PNG / JPEG / GIF。

AzPainter以外にもAzDrawing等多数のグラフィックソフトが作者サイトにある。

Livebrush

オシャレでアートな感じの絵を描けるドローソフト。
特殊なふるまいをするブラシツール使って、デザイン性のあるダイナミックな絵を描くことができます。
ブラシ形状 (動作スタイル) の変更、描画モードの変更 (ベクター / ピクセル)、テクスチャ塗り、レイヤー、
一つのブラシに複数の色を持たせる機能 等が付いています。

1 2





retas_retasさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう