1. まとめトップ

【PS3】デモンズソウル対人テクニックまとめ【ゲーム】

今更感が半端ないですがデモンズソウルの対人におけるテクニックをまとめました。

更新日: 2013年03月02日

北海道犬さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 7328 view
お気に入り追加

基本的には上記の動画にほとんどのテクニックが紹介されている。
以下に必要な物を解説する。

ロリスタ

ローリングスタブの略称。
相手の攻撃に合わせ、相手の横を抜けるようにローリングし、背後をとってスタブをする。
タイミングが遅かったりするとダメージが入らないこともある。
また、ローリングを開始したあとロックを外すとスタブを早く入力できるため基本的にはローリングを入力してからスタブをとるまでの間にロックを外すことになる。

ロリ狩り

ローリング狩りの略称。
相手の前方へのローリングに対して背後に回り込みスタブをとる。
ロリスタや、刺突剣などのローリング攻撃に対して有効である。
ロックは基本的に外さない。

さぼスタ

さぼてんという人が開発スタブのためこう呼ばれる。
前ロリで相手のロリ狩りを誘い、そのまま相手の背後にローリングしてスタブをとる。
相手のロリ狩りの反応が早いとそのままロリ狩りされてしまう。
しかし、相手のロリ狩りの反応が遅い場合、ロリ狩りはR1攻撃となるため二回目のローリングでスタブをとることができる。
ロリスタと同じようにローリング時はロックを外すことになる。
上記の動画ではただ前後にローリングしてスタブをとってるだけなので少しわかりづらい。

スレスタ

すれ違いスタブの略称。
相手が止まっている、もしくは前進しているときに相手の横を通るように走り込み、背後をとってスタブをする。
相手が後退してるときは基本的に入らない。

スレスタ返し

スレスタは相手の外側、例えば相手が向かって右側から走り込んでスレスタにくる場合その相手のさらに右側に移動することで逆にこちらがスタブをとることができる。
上記の動画では最後の方で解説されているが、以下の動画の最初の部分がわかりやすい。

スレスタ返しはとても奥が深く、いかに相手の外側へ移動するかが重要である。
以下の動画はスレスタ返しの参考になるポイントが多い。

スレスタパリィ

スレスタを狙って前進してくる相手に対して、同じ回転方向で後方に下がる。
すなわち、相手が向かって右側からスレスタを狙ってくる場合は左後ろに下がるということである。
相手と同じ回転方向に後退すると、スレスタは入らないが相手はラグと勢いによってR1をふってしまうことがある。
そのR1にパリィを合わせるというテクニックである。
逆方向の後ろに下がってしまうとスレスタをくらうので注意。
相手との距離感とパリィのタイミングは慣れてつかむ必要がある。

めくり

攻撃の中には自分より後方に攻撃判定のあるものがある。
自分より後方の攻撃判定を後ろをむいて相手にあてると盾や武器防御を貫通する。
これをめくりという。

チェイン抜けロリスタ(はめ抜けロリスタ)

竿や直剣などの両手持ちR1攻撃は一発目をくらうと硬直によって2発目以降も全部くらってしまう。
これをチェインという。
ただし、右左どちらかの武器を入れ替えることでその硬直を解除してチェインから抜けることが可能である。
これをチェイン抜けという。
このチェイン抜けを利用してロリスタをとる技をチェイン抜けロリスタという。
基本的には竿の1発目を受けたら武器を変え2発目の硬直をなくし3発目に合わせてロリスタという使い方がメインである。
またこのチェイン抜けを利用してパリィをするチェイン抜けパリィということもできる。

横ロリ狩り

相手の横ローリングに対してスタブをとる方法で2通りある。
1つは動画の1つめに紹介されているもので、相手のローリング方向側に位置取り、相手のローリング終わりでスタブをとる方法。
2つ目は相手のローリング方向の反対側から横ローリングを追いかけてスタブをとる方法。
どちらも位置取りが難しいので動画を参考に慣れるしかない。

起き上がりキャンセル

相手の吹き飛ばし攻撃を向かって左回りで受けたときは、武器を入れ替えることで瞬時に立ち上がることができる。
これを利用して、相手の雲撒きに対してスタブをとることなどが可能である。

致命モーションキャンセル

パリィスタブはダッシュR1やR1と同時に他のモーションを行うことでキャンセルすることができる。
例えば□とR1同時押しで道具を使いながら相手はスタブを受けると言ったことが可能。
ただし、対人では基本的にダッシュR1キャンセル以外は使わないことが暗黙の了解となっているようである。

クロスファイヤー

例えば右回りでスレスタをとりにいくと、相手はそれを防ぐため向かって左側に動く。
そのさらに左側へ向かいスタブをとる方法である。
上記の動画ではわかりにくいので、以下の動画の6分18秒あたりを参考にするとよい。

1 2




北海道犬さん

犬大好き

このまとめに参加する