1. まとめトップ
  2. ビジネススキル
2306 お気に入り 986216 view
お気に入り追加

自己紹介で絶対に言ってはいけないこととは?

「協調性がある」とか「社交的」とかいう抽象的な言葉は、志望者の自己紹介を聞いた面接官が、その人間から感じた感想をメモするときの言葉であって、自己紹介をする側から言ってはいけない言葉なのだ。

新社会人向け!印象に残る自己紹介の仕方

自己紹介に限らず、挨拶は短く簡潔に、もう少し聞きたかったなと感じる位がベストではないでしょうか。
■ 大きすぎない声でゆっくりと
■ まずは一般的な挨拶から
■ 趣味や、興味のあることを途中まで話す
■ 最後は丁寧に

“すべらない”自己紹介を会得したい

ゆっくり・はっきり・明るい声で話す。これを意識することが重要です。

嫌われない自己紹介には「謙虚さ」がある

嫌われない自己紹介
1.短めの時間に抑え、そのためにポイントを絞る
2.謙虚さを忘れずに。
  高い実績をアピールしたいときは、表現に気をつけて
3.「聞き手の興味・関心はどこにあるか?」を考え、それに沿った話をする

自己紹介“印象派”テクニック

自分の人生のダイジェストや出身大学、趣味などを淡々と話すよりも、最近身の回りで起こった面白いできごとや悩みなどを話すのが◎。

第一印象をアゲる↑自己紹介のポイントをおさらい

第一印象は最初の6秒で決まるといわれています。だから笑顔と姿勢、そしてできるだけ大きな声で話すよう心がけましょう。

自己紹介で印象を上げる声

自分を語ること、初めての人や環境に対して苦手意識があると、自信のなさは声にもあらわれてきます。このような状態の時、呼吸が浅い状態場合がほとんど。

自己紹介で通る人 自己紹介で落ちる人。自己紹介で言うべきこと 言っては絶対いけないこと

「協調性がある」とか「社交的」とかいう抽象的な言葉は、志望者の自己紹介を聞いた面接官が、その人間から感じた感想をメモするときの言葉であって、自己紹介をする側から言ってはいけない言葉なのだ。

好印象を与える自己紹介のコツ

「こんにちは。はじめまして。美月あきこと申します。みづきは、よく『水』に樹木の『木』と間違えられるのですが、美しい月と書きます。芸名かとよく言われますが、残念ながら芸名ではありません(笑)。出身の○○県では、結構多い名前です。覚えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします」

一気に親しくなる自己紹介の方法

“大事なのは「なるべくお互いの共通点を見つけられる感じで」「すべての人が平等にしゃべる」”ことだ。

1 2 3





garagaradonさん



  • 話題の動画をまとめよう