1. まとめトップ
  2. カラダ

インターネット中毒を克服するための7つの方法

インターネットばかりやっていると、時間の浪費や健康の悪化に繋がりかねません。そこで、怖いネット中毒から逃れるための方法をご紹介します。

更新日: 2013年03月08日

Nanahoshi14さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
412 お気に入り 429514 view
お気に入り追加

ネット依存症から脱出するために…

時間は有限であり、命と同じくらい大切なものです。ネット依存症は人生を棒に振っているも同然だ。

①ネットから意図的に離れる時間をつくる

Photo by Kraig Scarbinsky / Photodisc

PCやスマートフォンなど、テクノロジーの電源を完全にオフにする時間を決めます。特に、朝は避けましょう。朝起きてすぐの時間は、一般的に最もエネルギーがあり、何をするにも最適といえます。

無意識のうちに中毒症状にならないためにも。
自分の頭で考えることを放棄しないためにも、
たまには、ネットを遮断する日を意識的に作りましょう。

無理にパソコンから離れるのではなく、徐々に現実社会のウェートを増やしていくのが1番です。

②寝る1時間前にはPCを止める

Photo by Ryan McVay / Photodisc

ノートパソコンやiPadのような機器は、「まだ昼である」と脳に勘違いさせ、眠りの訪れを遠ざけ、不眠症のリスクを高める

③自宅へ直帰するのをやめる

Photo by Jochen Sand / Digital Vision

職場から自宅に帰っても、食事はコンビニ弁当などで済ませて、すぐに自分のパソコンに向かってインターネットを始めるという例が非常に多くなってきている

自宅に帰らずに、図書館や喫茶店で時間を費やす。

④失った時間について考える

Photo by Brand X Pictures / Brand X Pictures

ネットがなければ…
ある統計では平均して一日5時間もの時間ができるそうです。

もしインターネットを使っていなかったら、何に時間を使っていたか、あるいは何に時間を使いたいかを考える。

時計の針は、走り続けています。
だからその一瞬一瞬を大切にしましょう。

⑤趣味を増やす

Photo by Goodshoot / Goodshoot

ネット中毒になりインターネットに掛ける無意味な時間があるならば、趣味や勉強に時間を回した方がいい

現実で何か趣味を見つけるとそちらに興味関心が分散されてネットを依存するものではなく便利なツールとして付き合うことができるようになると思います。

⑥他人の家にしばらく居候させてもらう

Photo by AID/a.collectionRF / amana images

ネット依存から抜け出す一番手っ取り早い方法は、ズバリ「ネット環境から離れること」。

共同生活を通して、ネットに依存しない生活習慣を身につける

⑦ネットサーフィンの目的を明確化する

Photo by Ciaran Griffin / Lifesize

特に目的もなくインターネットを1時間以上、使わないようにする。

1





噛めば噛むほど面白いまとめを目指してます。
歴史・雑学中心のマニアックな味付け。

ご意見・ご連絡お気軽にどうぞ。
nanahoshi-write@excite.co.jp

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう