1. まとめトップ

【就活】面接で「何か質問ありますか?」に対する返答集♪

【就活】面接で「何か質問ございますか?」に対する返答、困ることありませんか?就職活動が始まるこの頃!リクルーター・面接の前にはこれをみてのぞもう!

更新日: 2016年01月12日

happybookさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3035 お気に入り 2457018 view
お気に入り追加

自己PRや志望動機でいうことは決まった!でも、面接官からの「何か質問ございますか?」という質問されたら困ることって多くないですか?第一志望は聞きたいことが多くても、どうしても志望度が低ければ低いほど質問はなくなってしまうことあると思います。
 なにもないと言ってしまえば、±0もしくはマイナス。きちんとした質問をすれば、ボーナスポイントになり、内定頂ける可能性が高くなります。そんなチャンス、逃すわけにはいかないですよね。

 今回はその「質問しなければならない理由」と「質問内容の探し方」、困った時の対策法をお教えします♪

本当にあなたが入社したい企業でしたら、募集要項や会社案内を徹底的に調べることで、理解しにくい点や入社前に確認しておきたいことがあると思います。食いつくように質問をすると、「この会社に興味を持ってくれてるんだ!」「志望度高いのかな?」「採用したら来てくれる可能性高いかな?」と思われ、内定率がグーッと上がります!

 これを反対に考えると、「質問がない=入社意欲が低い」と思われることもあります。
しかし、面接官に「何か質問はありますか?」と言われて、たくさん質問しなければ意欲がないと見られることはありません。それまでの面接過程が重要で、最後に無理やり質問をしても効果はないということです。面接官は、応募者が無理やり質問をしていることはすぐにわかります。

ですので、できるかぎり応募企業の企業研究と募集要項を調べたうえで、事前に質問事項は用意しておきましょう。

質問するときのポイント!

質問するためのポイント
①5つくらいは面接前に準備する。
②面接官によって聞く質問を変える。

質問の作法も重要!
①メモを取り
②必要に応じて相槌を打つ
など、きちんと聞いている態度を見せること。

これは大切!
スーツのポケットにはメモとペンを必ず入れて!
周囲に多くの学生がいたとしても、質問をした時点で一対一の人間関係になります。まじめな態度の質問者には答える側も真剣になるのは、どんな間柄でも変わることはありません。しかもメモを取っているタイミング、重要な内容を聞いたときのあなたの表情や返答だけで、あなたの知的能力や真剣さは見えてくるものです。

 就活中は、いつ会社の人と出会うか分かりません。ポケットに入る小さなメモ帳とペンは必ず携帯しておきましょう

自分のアピールになるように質問する。

「その質問をすることで、面接官への自分の魅力や熱意のアピールにつながるのか?」を考えて質問をするべきです。「純粋な気持ちで聞きたいと思ったことを聞く」というのは、面接の場ではあまりオススメしません。

ダメな質問・ダメな質問の仕方

「調べて分かること」は聞かない

面接官はわざわざ自分のために時間を割いてくれています。ちょっと調べれば分かること、HPに載っていることは質問を要求されたからといって、聞くべきではありません。

もちろん面接官は質問すれば答えてくれるでしょうが、好印象を抱くことは無いでしょう。

・離職率
・残業時間
・給料
・福利厚生
・有給消化率
を聞くのは面接官からの評価マイナスになることも。

面接官からマイナス評価される可能性があるという意味で、質問には相応しくありません。
よほどの理由がない限りは質問しないことを勧めますし、質問する場合は必ず質問の意図(なぜ知りたいのか?)を付け加えましょう。
どうしても聞きたいときは、内定後に♪

ズバリ、仕事よりもプライベートを中心に考えてるのでは?という印象を与える質問

仕事をもらいに行くのに、プライベートを中心に考えるようなことを聞くのはやめておいたほうがいいでしょう。
例えば、残業、有給の取得率のようなですね。

聞きづらい、でも確認しておきたい質問を聞くタイミングは?
・残業の有無について
・有給休暇の取得率について
・離職率について
これらの項目については、是非『内定後』に採用担当者に質問をしてみましょう。内定後であれば、選考中ではないので、質問をしても印象が悪くなる事はありませんし、この質問をしたからと言って、内定取り消しになるような事項ではありませんので、安心して質問をしてみましょう。

内定後は、学生と採用担当者の立場が逆転となり、『学生が選択権を持つ』状況に変わります。そのため、この立場の変化を利用しない手はないのが趣旨です。

内定者はこんな質問しました! 質問内容集☆

「御社の目指す『成功』とは、どのようなことか教えていただけますか?」

この質問は、直属の上司や同僚となる相手ではなく、重役に対して使うと有効な質問です。こびへつらうのが好きな人はいないでしょうが、重役に対してもオープンで正直にコミュニケーションをしようとしていることが伝わり、大きく点数が稼げるはずです。また、自分が将来の重役候補になれるかどうかのバロメーターとしても使えます。転職者なら、前職でどのように会社の成功に貢献してきたか、という話につなげることもできます。

「御社の経営戦略の○○についてですが、どのように・・・ですか?」

未来について聞くのは今後の会社の方向性・会社の思いが伝わるので、○。
会社案内に書かれていない、実際に働いてみないとわからないことを聞こう!
そして、自分が行きたい会社かも見極めて♪

「今後はどのように事業を拡大していくのでしょうか?」

未来について聞くのはよい。
会社案内に書かれていない、実際に働いてみないとわからないことを聞こう!

御社の現状と課題は何ですか?

会社に課題はつきものです。
ついでにその解決法も聞いてみましょう。

「なぜシェアがトップなのでしょうか」
「シェアがトップであることで他社とはビジネスの優位性はどう違うのでしょうか」

その企業を知る手がかりになる情報
企業の強さの秘密や、将来の事業ををどう考えているのかを知ることができるような質問もお勧め!

「御社に内定を頂いたら、残りの学生生活で資格の勉強をしようと思っているのですが、何か支援はありますか?」

「御社に入社する前までに、勉強しておくべきことございますか?」
「学生の時間あるうちに、御社に入社して必要なことを勉強しておきたいのですが、何かございますか?」
というものでもいいと思います。

向上心アピールと、気になっていることを知れる一石二鳥質問ですね。

「是非、御社で働きたいと思っています。入社までに勉強するべき事があれば、ぜひ教えてください」

よくある質問。でも、心を込めて、自分なりに言葉を変えて言えば、内定に一歩近づくかも!?

「もし、御社から内定をいただけたとして、入社するまでにやっておいた方が良いこと、やっておくと入社してから役に立つことは何でしょうか?出来れば入社後一日でも早く会社の戦力になりたいので、今時間のあるうちにやれることはやっておきたいと考えています。」

この質問のポイントは、
入社するまでと、入社後のことまで考えているアピール
少しでもスキルアップしたい、という熱意のアピール
基本的に相手の会社の業種・職種を問わず、どこの会社が相手でも使い回せる質問である

の3点がおさえられています。

「このポジションに求められる、チームにとって必要なことは何でしょうか?」

私がもっとも気に入っている質問です。チームに空きがあるということは、何かすぐに必要なものがあるということです。新しいプロジェクトを始めようとしているところだったり、必要なのに欠けているスキルがあったりすることが多いです。出てきた答えがどんなものであれ、自分がその隙間を埋めるにふさわしい人間かをアピールする材料になるはずです。自分の経験や専門性が、間違いなく相手の求めるものであるということを説明できるようになります。

「○○さん(のような役員の方)からみて、仕事が出来る人はどんな人間ですか?」

この質問も素敵!聞く時の態度も忘れないで!

面接官個人のことを聞く。
「○○さんはどうしてこの会社に決めたのですか?」
「今の仕事をどんな仕事だと息子さんに(娘さんに)説明しておられますか?」
「仕事をやっていて一番の楽しみは?」
「会社選びは何を重視しましたか?」

1 2





happybookさん

happybook♪
幸せになるため、楽しくハッピーな人生を送れるようなものを書けるように頑張ります♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう