1. まとめトップ

体が描けない人のための無料ソフト「デザインドール」の使い方まとめ

3Dのデッサン人形を使うとデジタル絵が非常にはかどります。資料を探さなくても自分でポーズをつけられるから便利。Windowsユーザ向け。Macでは使えません…

更新日: 2013年03月11日

1567 お気に入り 445316 view
お気に入り追加

Windowsユーザー向け「デザインドール」無償版

今まで色んな3D系ソフトをデッサン人形のかわりにならないかと試してきたけど、これが一番使いやすいと思う

3Dモデルの頭部の形状、脚の長さ等は自由に変更できる

頭部の形状、胸部や肩周り、腰周りといった肉付きに関する部分は、あらかじめ用意された複数の形状から似たものを選択し、さらに選択したパーツにモーフィングを施すことで表現できる。

モデルの各部分のサイズ(腕の長さや足の長さ、太さ、肩幅、腰幅など)は、骨格(ボーン)サイズの調整で自由に変えられる。

1体だけでなく複数のドールを出すことが可能

複数体出せるので、ソフト単体でも割と遊べます

デザインドールを使って実際に描いてみた人たち

例によって下絵はデザインドールです 可愛い女の子の描きやすさといったら! twitpic.com/bt8zaz

デザインドール@wiki見たら起動できたー!ので適当にいじって描いてみたけどこの体型で頭小さいと気持ち悪いな!納得いくまでいじり倒さな。 pic.twitter.com/bIE7M2Sl

使い方のまとめ

頭身のカスタマイズ方法・顔の造形いじり方

ポーズの付け方のコツ

関連リンク

1 2





なまなましいにくさん

好きなものをまとめます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう