1. まとめトップ
  2. カラダ

若い女子に人気のカラーコンタクトの危険性

気軽に目元のおしゃれを楽しめるカラーコンタクト。でも、ここ数年事故が多く、目の不調を訴える人が多いそうです。

更新日: 2013年03月12日

minam3さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
279 お気に入り 282614 view
お気に入り追加

増え続けるカラコン被害

眼障害の事例が、2012年7~9月で少なくとも395件あった

日本コンタクトレンズ学会が全国の眼科医に行った調査結果です。

女子に人気のカラコン。では実際にどんな症状が出てしまうのでしょうか。

カラーコンタクト使用による被害例

色素プリントによって、アレルギー性結膜炎を引き起こすものもある

色素が溶けだし最悪のケースでは、「失明した」という事例も

粗悪品の使用が原因のようです。

慢性の酸素不足を起こす

レンズに色がプリントされているぶん、酸素透過性が低くなります。酸素不足になると、角膜が弱って炎症などを起こしやすくなります。

国も危険性を認識、対策を打ち出している

トラブルが相次いだことから、厚労省が、視力補正用コンタクトレンズ同様、薬事法の「高度管理医療機器」に指定

平成21年11月に指定されました。

【高度管理医療機器】…副作用や機能に障害が出ると、健康に重大な影響を与えるおそれがあるため、適正な管理が必要な医療機器

コンタクトの他に、心臓ペースメーカーや人口骨などが対象になっています。

製造・輸入するには、厚生労働大臣の承認、販売にあたっては都道府県知事の許可と販売管理者の設置が義務付けられた

安全に使用するために気をつけること

国も危険を指摘するカラコン。正しい選び方、使い方をして、おしゃれのために健康を犠牲にすることがないように注意しましょう。

購入するお店が「医療機器販売業」の許可を得ているかどうかを確認

許可を取得している販売店ならば、安全な商品を扱っているので安心して購入できます。

新品だからと言って安心せず、チェックして装着する

新品といえどもでも汚れがついていたり、傷がついてたりすることもあります。

カラコンを2枚、あるいは普通のコンタクトと一緒に重ねて使うことは絶対にしない

一枚ずつ使うように作られているので、二枚重ねてしまうと、カラコンが取れなくなったり、ドライアイになりやすくなって瞳を傷めたりと、健康上のキケンの原因になります。

使用後はきちんと手入れする

使用し続けると慣れで手入れがおろそかになるもの。あたり前のことですが、洗浄などお手入れはこまめにおこないましょう。

1





minam3さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう