1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

小林可夢偉、フェラーリと契約。今季は、WEC(世界耐久選手権)参戦!

今季の去就が、心配されていた小林可夢偉の所属先が決定しました。今シーズンは、フェラーリのマシンでWEC(世界耐久選手権)に参戦しながら、F1復帰を目指すそうです。

更新日: 2013年03月12日

porelifeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
35 お気に入り 16710 view
お気に入り追加

今季はフェラーリのマシンでWEC(世界耐久選手権)に参戦することが明らかとなった。

フェラーリのF1ワークスチーム、スクーデリア・フェラーリは伝統ある“跳馬”史上初めてのアジア人ドライバーとして小林可夢偉の加入を発表した。

コルセ・クリエンティ部門とはGT選手権やスポーツ走行を行なう顧客用の部門であり、F1活動を行なうスクーデリア・フェラーリとは全くの別部隊。

ザウバーのシートを喪失した小林可夢偉は、2013年のF1シート獲得を断念。

現在のF1は、チャンピオン経験者などのごく一部を除き、チームへの持参金がなければ契約するのが難しくなっている。

可夢偉は1億8,000万円以上の募金と企業からの支援で合計800万ユーロ(約10億円)を集めたものの、目標にしていた「戦えるチームでの2013年のレースシート獲得」は実現しなかった。

GTレースで新たなチャレンジをしつつ来シーズンの復帰を目指す。

世界耐久選手権(WEC)

FIA世界耐久選手権(World Endurance Championship)は、6時間以上の耐久レースが全8戦行われ、規定車両はル・マン・プロトタイプとGT耐久レーシングカー。年間の獲得ポイントによって、マニュファクチャラーとドライバーのチャンピオンが決定する。

市販車ベースのレースカーで争われるル・マンGTエンデュランスというカテゴリー

初戦は4月14日(日)の『シルバーストーン6時間』(イギリス)ということになる。

1




porelifeさん

話題になったニュースや気になったモノなど役立つ情報ををメインにまとめてます。主に、iPhone、ポイント、ライフハックなどです。よろしくお願いします。



公式まとめ