1. まとめトップ

カオスマップってなに?

カオスマップとは言わばオンライン広告の業界地図です。

更新日: 2013年12月07日

twcritiqueさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 5541 view
お気に入り追加

「カオスマップ」とはある業界の様々なプレイヤーが入り交じった図のことである。
主に広告業界でのマップを表すことが多い。

広告主、メディア、代理店といったプレイヤーがそれぞれグルーピングされ、それぞれの関係性が線でつながっている。
多くの企業が入り交じっていることからカオス状態なマップとなっているためカオスマップと呼ばれる。

元々米国で、特定領域のカオスマップが毎年作られていたが日本でもLUMA Partnersが2010年に広告業界のカオスマップを発表した。

カオスマップとは言わばオンライン広告の業界地図です。

オンライン広告市場は、入れ替わりやM&Aなど変化が激しく、かつカテゴライズしづらいので全体像を把握するのがとても困難なのですが、こういった業界地図が作られるようになり全体像を把握する大きな助けとなっています。

ディスプレイ広告領域のカオスマップ、きちんと読めますか?【アドテクノロジー基礎講座第2回】:MarkeZine markezine.jp/article/detail… @markezine_jpさんから

こういう「いかにも」な資料が役に立った覚えがないんだよな。作る人の整理にはいいんだろうけど【ディスプレイ広告領域のカオスマップ】 markezine.jp/article/detail…

日本のディスプレイ広告市場の歴代カオスマップです。年々プレイヤーが増えています。rtbsquare.ciao.jp/?page_id=211

アドテク解説。RTB、DSP、SSPが出来た背景はこういうことなのね。なるほど。 / “ディスプレイ広告領域のカオスマップ、きちんと読めますか?【アドテクノロジー基礎講座第2回】 (1/3):MarkeZine(マーケジン)” htn.to/yw1tJa

[gunosy]ディスプレイ広告領域のカオスマップ、きちんと読めますか?【アドテクノロジー基礎講座第2回】 (1/3):MarkeZine(マーケジン):前回の記事ではアドテクノロジーとそれに関連する領域の概要、そしてDispla.. j.mp/WArfT4

1




いつもお気に入りいただきましてありがとうございます。马丁努斯という名で本を出しています。
http://p.booklog.jp/users/xargs

このまとめに参加する



公式まとめ