1. まとめトップ

癒しの「ふくろうカフェ」まとめ(全国版)

東京(月島 三鷹 高円寺 品川 木場 浅草 国分寺 秋葉原 高田馬場 吉祥寺 新宿)千葉 横浜 つくば 名古屋 大阪 奈良 神戸 福岡 青森 広島など全国各地でフクロウ(※猛禽類・爬虫類含む)と触れ合えるカフェがで続々とオープン。その癒やし効果にハマる人たちが急増している模様。情報は都度更新。

更新日: 2016年04月23日

tAkUさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1489 お気に入り 1985165 view
お気に入り追加

―東京、神奈川、千葉、名古屋、大阪、福岡、青森など全校各地でフクロウと触れ合えるカフェがとオープンしている!

Photo by Dynamic Graphics / liquidlibrary

<都内>
■フクロウのみせ(月島)
■鳥のいるカフェ(木場)
■パクチーバル8889(高田馬場)
■武蔵野カフェ&バー ふくろうの里(吉祥寺)
■鷹匠茶屋(三鷹)
■鳥のいるカフェ 浅草店(浅草)
■ふくろう茶房(国分寺)
■フクロウカフェ「アキバフクロウ」(秋葉原)
■アウルの森(秋葉原)
■イケフクロウCafe&Dining進撃(東池袋)
■piccolo gufo ピッコログーフォ(品川)

<関東>
■フクロウに会える店「ふわふわ」(横浜)
■ふくろうカフェ 福来楼(ふくろう)(横浜)
■湘南ふくろうパーク (湘南台)
■ふくろうカフェ ふくろうの森(平塚)
■Cafe little ZOO(習志野)
■ふくろうの家(つくば)

<関西>
■「ふくろうの集うカフェ Quill(クイル)」(大阪市)
■フクロウのみせ 大阪店(大阪)
■HUKULOU COFFEE 中崎町(大阪市北区)
■フクロウカフェ LUCKYOWL(道頓堀)
■ふくろうカフェ cu (大阪府堺市)
■フクロウカフェ Crew(箕面)
■ビビ&ジョージ(神戸)
■すろーすぺーすcafe(神戸)
■ふくろうの家族(神戸)
■フクロウカフェわたわた(奈良)

Photo by Jupiterimages / liquidlibrary

<九州>
■フクロウのみせ 博多店(福岡)
<東北>
ふくろうの城 弘前店(青森)
<中部>
■Hen's Cafe POPO(静岡・伊豆)
<東海>
■アニマルカフェ&バー The zoo(名古屋)
<中国・四国>
■オウルドベース(広島)

<都内・関東エリア>

■「ふくろうカフェ 福来楼(ふくろう)」 (神奈川・横浜)

ふくろうカフェ福来楼本牧店
横浜市中区本牧宮原7-1ベルストーン1階
tel:045-232-9392
mail:mailto:info@yokohama-honmoku.fukurou-cafe.com
【営業時間】13時30分~20時30分
【HP】http://yokohama-honmoku.fukurou-cafe.com/
https://www.facebook.com/fukurou.cafe
https://twitter.com/honmokufukurou

横浜市中区で初めてのふくろうカフェとして、2015(平成27)年6月21日にオープン。料金は中学生以上1時間1080円、園児・小学生は540円。いずれもワンドリンク付。こちらでは猛禽類を購入(生体購入)することも可能で、購入は利用料金が無料になる。

店長の千野力(ちの・ちから)さんは、幼いころから猛禽類への憧れから、ご自身でも飼うようになった。お店を作ったきっかけは、参加していたFacebookの猛禽類コミュニティで、飼育・調教の経験を持つスタッフの山中さんともこのコミュニティのつながりで出会った。

フクロウをはじめとする猛禽類と過ごせるだけでなく、生体や餌の販売も行っている。猫カフェのフクロウ版だと思いきや、どちらかといえば「飲み物もある、フクロウに触れるペットショップ」という感じらしい。

店内ではスリッパを履くのだが、これは外の汚れを持ち込まないためだけではなく「自宅にいるような感じでくつろいでほしいから」だという。そういう思いから、時間入替制を採用してはいるものの、厳密に時間を制限して追い立てたりせず、お客さんの自主性に任せている。

【Photo】※一部の画像はお店HPより転載させて頂いております。

看板息子と看板娘のベンガルワシミミズクのベンジー君と、妹分の看板娘ユーラシアワシミミズクのマーズちゃん

ユーラシアワシミミズク(マーズちゃん)

中はこんな感じ。猛禽(もうきん)類が並んでいる様子は壮観だ

福来楼さんのマーズちゃんが寛ぎタイムにお誘いします(*´∀`) pic.twitter.com/rehVBcqDko

ふくろうカフェ福来楼オリジナル缶バッチ、ベンガルワシミミズク&ユーラシアワシミミズク - ふくろうカフェ福来楼本牧店ショップブログ - 横浜|ふくろうカフェ福来楼 本牧店  yokohama-honmoku.fukurou-cafe.com/index.php?go=e…

■「フクロウカフェ もふもふ」 (東京・新宿)

【住所】東京都新宿区新宿三丁目35番2号 5F
【電話番号】03-5925-8780
【メールアドレス】mohu@mohumohu99.jp
【営業時間】平日12時~21時まで 土日祝11時~20時まで 一時間の入れ替え制
【ご利用料金】平日 1500円ワンドリンク付き
土日祝 1800円ワンドリンク付き
※基本的に予約された方からご入場。定員数12名
【URL】
http://mohumohu99.jp/
https://twitter.com/ishidaya325

新宿に2015年9月9日、フクロウと触れ合えるカフェ「フクロウカフェ もふもふ」がオープン。新宿でのフクロウカフェ開業は初!

店舗面積は約10坪、アカアシモリフクロウなど6種類、7匹のフクロウが常駐しており、来店客はフクロウを腕などにのせて触れ合うことができる。

出典http://shinjuku.keizai.biz/headline/2209/

「フクロウカフェで『もふもふ』という名前は無かった。犬や猫よりおとなしく、触るともふもふするフクロウの癒やしやかわいさをお客さまに伝えたい。」と店主の石田さん。

フクロウを腕などにのせてのポラロイド撮影は1枚300円、餌やり体験は、平日=12時~・20時~、土曜・日曜・祝日=11時~・19時~の各2回ずつ。1人200円。

【Photo】※一部の画像はお店HPより転載させて頂いております。

1 2 3 4 5 ... 22 23





このまとめへのコメント1

  • twさん|2013.07.02

    野生動物である以上、あまり金儲けの道具のような見世物にするのはいかがなものかと。ふくろうのブリーダーがいるということも驚き。ただ可愛い、癒されるともてはやし、おもちゃにして欲しくない。

1

tAkUさん

まとめは個人的に興味をもったことの備忘録感覚ですが、閲覧者のお役にも立てるような内容を意識しています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう