1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

【美文字】今すぐキレイな字を書かなきゃいけない時の緊急処置

美文字のコツ。字が汚いだけで女子力にも影響が?!手書きなんて久しぶりの皆様に、急に綺麗な字を書かなきゃいけなくなった時のための緊急処置方法

更新日: 2013年09月24日

2954 お気に入り 240829 view
お気に入り追加

▼自分のクセは仕方ないから今さら直さない

クセがある字でも、間隔が均等であれば丁寧に書いた印象を与えられるそうです。

例えば、「川」「三」などの隙間の間隔が均等に空くように書ければクセがあっても丁寧に見えるようです。

角度がバラバラになっていると、字が乱雑に見えてしまいます

クセがあっても角度が揃っていれば、整って見えるようです。

▼漢字と平仮名の大きさに差を、平仮名の中にも大小差をつける

ひらがなの中でも大小の差を付けるべき

【は・れ・に・を】。こういった平仮名は少しだけ大きめに

【こ・め・と・る】などは意識して小さめに

▼文章全体のバランスをとる

横長・縦長に適した字がある

横長に適した字

  八、会、会、合、全、金、企、念、含・・・etc


「しんにょう」を使った字も横広がりが適しています

  遠、逢、道、選、運、近、週、速、連・・・etc

横長に書くときれいに見えやすいようです。正方形にこだわらなくてよいみたいですね。

▼縦長に適した字
 (横線がやたら多い字のほとんどが縦長に適してます)

  豊、量、章、事、書、筆、重、華・・・etc

◆おまけ (^^;
ナナメの線を長めに書くと良い雰囲気が出る字もあります。

  成、式、感、代、武、盾、必、原、度、店、康・・・etc

たしかにかっこいい

▼姿勢を整える

肘が自然に動いていることがきれいな字を書く秘訣になります。

肘がどれくらい動くかというと「字の大きさに比例する」ことになります。

手と肘が固定されない姿勢で書くことを意識すればいいようです。

▼お手本を見ながら書く

お手本を見ながら書くと自然と良くなります

PowerPointやillustratorなどで書きたいフォントの字を探して、それを見ながら書けば相当変わります。

▼練習に適した字

直線・ハネ・ハライなど、8つの要素を含んだ字であるためで、すべての文字に応用できると言われています。

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

みそしるさまさん



  • 話題の動画をまとめよう