1. まとめトップ

1、脂肪燃焼を効果的にやる秘訣は心拍数にアリ

せっかく忙しい時間をとって運動するのなら、脂肪燃焼効果を高くする方法を知りたいですよね。

その秘訣は、心拍数にあります。

有酸素運動は文字通り、酸素と体内に取り込むエクササイズですので、たくさんの酸素を使えば、体内にある脂肪もたくさん燃やされます。

ですので、できるだけ心拍数の高い状態を長く維持できれば、効果的に脂肪を燃焼させられるという事です。

2、なぜ有酸素運動がダイエットに良いかのおさらい

有酸素運動とは、ウォーキング、ジョギング、水泳など、長時間、ある程度の運動強度で続けられるエクササイズで、体内に酸素を取り込み、脂肪を燃焼させる事で、エクササイズのためのエネルギーを作ります。

そのため、体に蓄積した脂肪を燃焼させる事ができますので、非常にダイエット効果が高いです。

3、他のエクササイズとの比較

実際に、ジョギング、ボクササイズ、筋トレの3種類のエクササイズを行い、その間の心拍数を計測して、消費カロリーの差を比較してみました。

心拍数表を見れば、一目瞭然ですが、ジョギングは一定な速度と強度が保たれていますので、心拍数が脂肪燃焼ゾーンから落ちませんが、同じ有酸素運動のボクササイズは、筋トレ系のエクササイズ中は、心拍数が落ちる場合がありますので、その間の脂肪燃焼効果(消費カロリー)は、比例して落ちていまいます。

4、心拍数ダイエットによって、どれ位体重が減ったかのグラフ

5、他にもいる!心拍数ダイエットで結果が出た人達の声

私の体重は67キロから57キロへ10キロ減りました。
更に体脂肪率も31%から17%のへと14%も減ったのです。
簡単に3ケ月で10キロ痩せる成功体験をしました。

おおお・・・!
3ヶ月で
マイナス4.4キロ!
なかなか落ちなかったのに、
心拍数ダイエットを取り入れたら
途端に痩せた!
背中の肉が落ちた!

スゲーΣ(=°ω°=;ノ)ノ
心拍数ダイエット!

たった60日で15キロダイエットした

心拍数ダイエット楽すぎワロタwwwってか走ると怒られるとか何事www

6、心拍数ダイエットのやり方

1、心拍計を購入して、用意する(↑のようなものです。)
2、最大心拍数を計算し、最大心拍数の45~60%を維持して有酸素運動
これだけです。

まったく運動習慣がない状態から始める方は、すぐに目標数値(最大心拍数の45~60%)に達することができると思います。 気をつけるべきことは、張り切りすぎて目標よりオーバーしてしまうことです。

運動強度を上げすぎると有酸素運動ではく、無酸素運動の域に入ってしまいます。そうなると、脂肪燃焼効率も悪くなりますし、筋肉痛や関節痛の原因になってしまいます。

目標数値内では物足りない、またはキツ過ぎるという方は目標数値からプラスマイナス10拍単位で調整しましょう。目安は、あまり息切れすることなくニコニコとおしゃべりできるペースです

Photo by Martin Barraud / OJO Images

7、簡単な最大心拍数の出し方

一般的な人の最大心拍数は220-年齢
最大心拍数の60%を維持するだけで脂肪がみるみる落ちていく

8、ちょっと難しい、最大心拍数、目標心拍数の出し方(より正確にしりたい人へ)

1)安静時心拍数
 安静時心拍数:60
 朝起きてすぐ、布団の中で、安静時の心拍数を計ります。
 注>有酸素運動を続けると安静時心拍数が下がってきますので
   月に一度は、安静時心拍数を確認して、目標心拍数を
   再計算して下さい。

2)最大心拍数
 最大心拍数は、次の計算式で求めます。
 最大心拍数=1.1×安静時心拍数+115
        =1.1×60+115(安静時心拍数=60)
        =181

3)心臓の心拍数の余力
 心拍数の余力は、次の計算式で求めます。
 余力=最大心拍数-安静時心拍数
    =181-60
    =121

4)目標心拍数
 目標心拍数は、次の計算式で求めます。
 目標心拍数=余力×運動強度+ 安静時心拍数
        =121×0.6+60
        =133

脂肪を燃焼させて下腹をスマートにするダイエットを行う場合
有酸素運動の強さを目標心拍数に合わせることで
脂肪が効率よく燃焼します。

9、最大心拍数を出すのが面倒な方へ、スマホアプリがあります

1 2





naverまとめでは「健康・ダイエット」のテーマを中心にまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう