1. まとめトップ
  2. カラダ

睡眠に影響しないお夜食ってどんなの?

残業などでついつい9時以降に食べてしまうことが続くと気になる体重(´・ω・`)でも実は夜遅い食事は体重やダイエットだけに関係した話ではなく、その後の睡眠にも大きな影響があるそうです。

更新日: 2013年04月01日

0himurabu9さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1217 お気に入り 178066 view
お気に入り追加

夜食が良くないのは「太るから」だけではない!

ヒトの体は夜、ぐっすり眠っている間に疲労回復したり、身体の傷んでいる部分の修復や再生を行っている

胃も睡眠中に休まることによって傷んだ部分が修復され、疲れも解消する

寝る前に胃の中に食べ物が入ると、寝ている間も胃は消化活動をしなければならなくなる

そのため睡眠と消化吸収のリズムがバラバラになり、体内時計がくるって眠りが浅くなってしまう

また、血糖値が高い状態で眠ってしまうので、睡眠中の成長ホルモンの分泌が阻害されて充分に疲れがとれない

場合によっては、胃の粘膜がただれるなどの症状が引き起こされることもある

でも、食べた方がいい時もある

空腹の時は、交感神経が優位の状態になって神経が興奮しているので、眠りにくくなる

空腹によるイライラをやわらげて寝付きやすくする

お腹がすき過ぎてもイライラして寝つけないものです。

少量の夜食は睡眠によい効果があり、特に不眠傾向のある人には効果がある

夜食にするならこんなものがオススメ!

お野菜とタンパク質を中心にとる

胃に負担をかけにくい、消化の良いものをとるようにしましょう。

トマトとバジルの色鮮やかなお茶漬け♪

こんにゃくを使えば、カロリーダウンに!

どうしても炭水化物をとる時は、乳製品と一緒に

乳製品に含まれるカルシウムは朝より夜の方が早く吸収され、リラックス効果も期待できます。

優しい味わいの雑炊。チーズを振りかけても◎。

ごま油で香りを加えて中華風に。

身体を温める食べ物をとる

人間は体温が下がってくると眠くなるようにできているので、一旦夜食で体温を上げ、体温が下がったタイミングでベッドに入るとぐっすり眠れるそうです。

リンゴとレモンをワインで煮込んだ、見た目にも華やかなホットワイン。

生姜をきかせ、ピリ辛に仕上げたきのこスープ。

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

0himurabu9さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう