1. まとめトップ
  2. カラダ

昼寝せずに「疲労」を回復する4つの方法

寝たはずなのに全然疲れが取れなくて、何をしてもダメな日ってありますよね。昼寝したいけど、仕事によっては無理だったり、寝付けないこともあります。そんな時に使える即効性のある疲労回復方法を紹介します。

更新日: 2013年04月12日

羊毛模様さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4009 お気に入り 324049 view
お気に入り追加

カフェインを摂取する

カフェインは交感神経を刺激し、集中力を高める

交感神経の働きを促進すると、疲労や眠気を除去する「中枢興奮作用」が働く。
この作用によって即効性の高い疲労回復効果を発揮する。

血液循環が良くなるため、筋肉中の疲労原因となる乳酸がたまりにくく、疲労が回復しやすい

カフェインが血行を促進させることにより、血中の酸素や栄養物が全身に循環し疲労回復につながる。

1分間目を閉じる

疲れ目に最も有用なのは「目を閉じること」

眼を閉じることで目がリラックスし、涙が瞳に行き渡ります。
涙は血液と同様の化合物が含まれており、眼球に養分と水を与える働きがあります。

目を閉じるだけで脳への情報は80%カット出来る

脳疲労の解消の1つの方法として視覚情報をカットすることが大切です。
(視覚80% 嗅覚・触覚など16% 聴覚4%)

蒸しタオルで目を温める

蒸しタオルで温めると、目の周りの筋肉の緊張がほぐれる

蒸しタオルは筋肉を温めてほぐし、痛みをやわらげる効果があります。

目のまわりの血行が良くなり、疲れが回復する

血行がよくなれば、眼筋への栄養補給がより活発化して、疲れ目が解消される。

緑の香りを嗅ぐ

「緑の香り」が体に良いことは、科学的にも証明されつつあるそうです。

緑の香り(青葉アルコール、青葉アルデヒド)は、血圧や脳の活動を沈静化させ、怒りや緊張を緩和する効果がある

緑に含まれる成分が脳の機能低下を防いでくれます。

脳の集中力を司る部分が活性化する

“頭の回転アップ”効果があることも、実験によって証明されているそうです。

関連リンク

1





このまとめへのコメント4

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

羊毛模様さん

初めまして。
美容関係の仕事してます♪よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう