1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

味の出ない安いお茶が『タダみたいなアレ』で玉露に変身?!

今まで知らずに損していたかも。お茶の葉に隠されていた、引き出せてなかった成分を、ずずずいっと抽出する方法です!簡単です!

更新日: 2013年03月27日

wampoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2967 お気に入り 470415 view
お気に入り追加

お茶は値段なり???

基本的に、お茶の品質は、価格に比例します。

お茶の旨味成分が多い一番茶
(4月末~5月上旬)
が基本的にお高い。

二番茶三番茶は、その後に出た葉ですから
新芽に比べて堅く、味もいまいちということに。
値段と味は比例するわけですね。

と、そこで引き下がらず調べてみた…!

お茶のうま味を120%引き出す方法があった!

急須にお茶っ葉を入れ、水を注いだ後に熱湯を注ぐ

これだけ。日本茶インストラクターの資格を持つ渥美佳子さん談

美味しいお茶を入れるためには、お茶の温度が大切

裏技で入れたお茶。

うわあ、濃い色してます。

実際すっごくおいしいんです!

やり方のポイント、コツ

水を入れた後、1分程度おいておくと
よりうまみや甘みが引き出されます。

葉っぱがふやけるのをまちます。

水を加える量は茶葉全体が浸る程度で十分

多いと冷たすぎてお茶が出ません。

茶葉が底までつかないタイプの茶こしが急須の中に
付属されている場合、この技は使えません

この場合、下記参照でドウゾ!

茶碗に葉を入れ、ひたひたの水。

一分待ってふやけさせる

ふやけた茶葉をいつも通り急須に投入、
熱湯を注いで注ぐ、でも可。

(参考・チェリーズマム通信様
http://nldiary.jugem.jp/?eid=480

なんで水をかけるだけで美味しくなるの?

苦みや渋みが出るのを抑えながらうまみや甘みを引き出す

テアニンの出やすいお湯の温度は50~60度ほどのやや低温

温度が重要。ポットの湯では高すぎた。

日をさえぎり、テアニンの多い葉に
することで玉露ができます。

普通のお茶にもテアニンは含まれます。

つまり低温で入れ、より多くのテアニンを
引き出せば玉露に近いお味に…!

美味しいだけじゃない、賢いテアニン

ストレス解消にはテアニンが効果的

テアニンを摂取するとα波が増えることが実験でわかってきました。

テアニンをとると、睡眠の質が良くなる

お茶のイメージの逆ですね

脳神経細胞を保護する作用が認められている

わりと、ほとんど、良い事尽くめ!

用意いらずで、財布にやさしく!

美味しく!身体にもよい!

『水かけ抽出』おすすめです☆

補足リンク

1





このまとめへのコメント4

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

珍獣・びっくりおもしろいこと、気になるカラダのこと、まるっとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう