1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

サラリーマンが「塚田農場」でメロメロになってしまう理由とは

若者にも大人気!数多くの「サプライズ」と「ゲーミフィケーション」でお客の心を掴む、言わずと知れた塚田農場。独特の接客と、話題のサプライズで急成長中の居酒屋チェーン。その秘密に迫りました。

更新日: 2013年08月03日

nebadabadaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1873 お気に入り 1133609 view
お気に入り追加

■ 塚田農場はこんな居酒屋

地元宮崎から日本全国で店舗を展開する塚田農場は、宮崎料理を堪能できる生産者直結の郷土料理のお店。自社養鶏場の「みやざき地頭鳥(じとっこ)」をはじめ、日南市のとれたての食材を毎日直送、宮崎の味を存分に味わえます。

社員は宮崎の自社養鶏場に飼育や下処理などの研修に必ず参加する徹底した姿勢で、お客様と生産者を繋ぐ新しい形の飲食店と注目されています。

▼ 工夫された「ゲーミフィケーション」

※「ゲーミフィケーション」とは、ゲーム要素やゲーム性を導入するノウハウを、ゲーム以外の分野に応用していこうとする取り組みのこと。

お客様の来店回数によって名刺をプレゼント。名刺に肩書が書いてあり、来店回数によってこの肩書が昇進する。

はじめは「主任」からのスタート。その後、係長→部長→社長といったようにランクがアップしていく仕組み。ポイントカードと変わりはないのですが、何ともサラリーマン心をくすぐる仕組みですね。

シールを携帯に貼ってくれませんか?と店員さんがお願いをしてきます。

塚田農場という名前がお店に来た人からどんどん広がる仕組み。
ハート型のシールもありますよね。

帰り際に小さなタッパウエアに味噌を頂いたが、次回の来店時に空で持参すると補充してくれる。

お通しに付けてたネギ味噌が帰りに無料で貰える。
タッパを持って行くとまた補充してくれるらしい。

▼ 「ジャブ」と呼ばれる仕掛けの数々

さらに食べ残ってたキャベツを千切りにしてくれてドレッシングであえてくれました。一つのメニューで二つの味を楽しめます。

食べ残っている地鳥を、スタッフが見つけると一旦下げて ポン酢とマヨネーズをかけ、さっぱり地鳥として再提供。

鉄板の上で残った地鳥の脂で、ご飯をガーリックを入れてガーリックライスにする。それをハート型に盛り、お客様へ再びお出しする

この居酒屋は、お客様の平均単価が4000円。その1割をお客様に還元しようと400円までなら何をやってもよいとアルバイトスタッフに言っているそうです。

その400円で出来ることを、社内版mixiのようなスタッフ専用SNSで共有しているそう。
その数は500以上とか。そこには作り方と原価が表記されているそうです。

▼ 運営会社のAPカンパニーって?

客のリピート率6割を誇るAPカンパニー。

日南市じこっと組合、四十八漁場、関根精肉店、芝浦食肉を展開する株式会社エー・ピーカンパニー。今流行りの低価格戦略ではなく、"無料のサービス"で徹底的に客をもてなす。

「値引き」はどの居酒屋でも行っていますが、「塚田農場」は独自サービスを無料で提供し、「値引き」以上の感動を顧客に与え、熱狂的なファンを生みます。

10人中7、8人に「まあまあ、いい店だね」と言われるよりも、10人中2、3人でもいいから「すごく、いい店だね」と言われたいと、米山久社長が話していたのが印象的でした。

ゲームで蓄積されたノウハウ・知見(効果・効能)などを、いかに別の分野(ゲーム領域)以外に応用・適用させる仕組みを構築できるかが問われる。

▼ 来店者の生の声

塚田農場、お通しで野菜に付けて食べたおいしい味噌を、小さいパックに入れて、帰りにプレゼントしてくれた。完熟柚子胡椒(真っ赤!)も初めて食べたよ。地鶏っ子も南蛮も日向夏モヒートも美味しかった~!

塚田農場は知らずに行くとちょっとびっくりする。した。

エレベータ内にてノンケカップルの会話。 男:前に一緒に塚田農場に行った時より綺麗になってるよね? 女:嫌、行った事ないけど…。私じゃないんじゃない? 男:嘘だ、お前と来たって…!! 女:行ってねーし。誰と行ったの…? 修羅場突入! 俺、爆笑。笑い声ださないように必死だった…笑

1 2




このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

nebadabadaさん

まとメモ。



公式まとめ