1. まとめトップ

【閲覧注意】犯人射殺で解決するに至った、戦後日本凶悪人質事件3つ【シージャック 梅川事件】

銃器の使用は最後の最後の手段である・・・

更新日: 2016年02月13日

hina0101さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 267403 view
お気に入り追加

※グロ耐性のない方は閲覧をおやめください

■■■ 1970年 瀬戸内シージャック事件 ■■■

1970年5月12日から5月13日にかけて広島県と愛媛県間の瀬戸内海で発生した旅客船乗っ取り事件である。乗っ取られた船の名称から「ぷりんす号シージャック事件」とも呼ばれる。

中学を中退して家出、その後千葉から福岡まで仕事を点々としながら、時には盗みで少年院入りなどの経験を重ね、20歳まで成り行き任せに生きてきた川藤に、当てなどあるわけでもなかった。

テレビ中継の中、川藤は胸を打ち抜かれ、ゆっくりと船橋に倒れ込んだ。真っ先にデッキに駆け上った刑事は、左手で拳銃を抜こうとした川藤の手を叩き落とし、手錠をかけた。そのとき、唇からかすかな声が漏れた。傍にいた船長も聞いていた。
「死んでたまるか、もう一遍」

川藤はここでもライフルを乱射し、デッキに出て、Bの釈放を訴えた。だが、そこには、大阪府警のライフル隊が待ち構えていた。午前9時52分、C巡査部長(当時41歳)が放ったライフル弾が川藤の左胸を撃ち抜き、ゆっくりと倒れていく川藤の姿がテレビで全国中継された。傍らにいた船長は川藤の「死んでたまるか、もう一遍・・・」という最後の微かな呟きを聞いた。その後、病院に収容されたが、午前11時25分、死亡した。人質事件で、犯人狙撃によって解決した初のケースとなった。

この事件で警察側が殺人罪や特別公務員暴行凌虐罪で告訴されたことが、その後の人質事件において日本の警察が犯人射殺というオプションに対して慎重になっている原因としてマスコミが取り上げることがある。

■■■ 1977年 長崎バスジャック事件 ■■■

1977年(昭和52年)10月15日に発生したバス乗っ取り事件である。なお「バスジャック」という語は「ハイジャック」から造語された和製英語である。
この事件は2人の犯人によって起こされた。犯人の1人は射殺され、人質は全員救出された。

犯人らは自分達の事を「阿蘇連合赤軍」と極左風の団体名を名乗っておきながら右翼的な論評の目立つ保守派評論家であった細川の事を「細川隆元先生」と呼ぶなど、思想的に考えて支離滅裂と思わざるを得ない発言が目立ったことから、警察では早い時点で犯人達は赤軍派とは無関係の集団だと判断していた。実際、犯人らは赤軍派を名乗っていたが、政治思想とは何ら関係ない場当たり的な犯行であった。

警察は犯人らに対して説得をおこなったが、人質の体力が限界に達したとして、事件発生後18時間経過した翌16日午前4時25分に警察官の一人が説得しながら最終的に「撃つなら俺を撃て、撃つなら撃ってみろ!」と犯人を挑発したところ、主犯格の男が手製爆発物を投擲、爆発物が爆発した瞬間に突入隊は一斉にバス内部へ突入した。3名の警察官が合計7発を発砲、この銃撃で主犯(当時31歳)は被弾し20分後に死亡、もう1人の犯人(当時39歳)は重傷を負った。人質16人は全員無事に救出された。
生き残った犯人には懲役6年が言い渡された。

■■■ 1979年 三菱銀行人質事件 ■■■

1979年(昭和54年)1月26日に大阪府大阪市住吉区万代二丁目の三菱銀行北畠支店(現三菱東京UFJ銀行北畠支店)に猟銃を持った男が押し入り、客と行員30人以上を人質に立てこもった事件。

1979年1月26日午後2時30分頃、大阪市住吉区の三菱銀行北畠支店に一人の男が入ってきた。ゴルフバックから猟銃を取り出して構え、猟銃を一発撃ちながら乱入。「みんな伏せろ!」と怒鳴り、同時に天井に向けて2発発射した。行内のカウンターで「金を出せ、出さんと殺すぞ! 10、数えるうちに5000万円出せ!」と要求。これを見た行員の萩尾博さん(当時20歳)は警察への非常電話に手をかけた途端、梅川は躊躇することなく猟銃を撃ち射殺した。

梅川は警察官2名、行員2名(うち1名は支店長)の計4名を射殺、女性行員を裸にして盾代わりに並ばせるなどもした。

梅川昭美(うめかわ あきよし、1948年3月1日 - 1979年1月28日)とは、日本の殺人犯。大竹市強盗殺人事件及び三菱銀行人質事件を起こした。

15歳時(1963年12月)には、以前アルバイトした大竹市内の土建業者宅に強盗目的で侵入し、家人の妻(当時23歳)を殺害して現金や通帳などが入った金庫を奪った。逮捕され、山口の特別少年院へ送致収容される。供述において梅川は「他の奴らはぬくぬくと暮らし、なんで俺だけが貧乏して苦しまないかん」と述べたという。

梅川は、自身をカウンターの中央奥に陣取り、周りを人質である行員に囲ませて警察の狙撃を避けるなど冷静沈着であった。また、散弾銃の流れ弾を受けて床に倒れていた男性行員を助けようとした同僚に対して介抱すること一切を認めず、本当に死んだのか別の男性行員に耳をそぎ落とさせることを要求した。また、女性行員に全ての衣服を脱がせて同僚の前で歩かせたり、トイレにも行かせずカウンターの陰で処理させた。

篭城から42時間後の1月28日午前8時41分、次長席に座って差し入れさせた新聞を読み始めたが、猟銃は梅川の手から離れていた。この瞬間、50センチ程開いていたシャッターから匍匐前進しながら待機していた機動隊の狙撃班6人が一斉に梅川を射撃した。発射された6発の弾丸のうち、3発が犯人に命中し、1発は額を貫通し脳漿を吹き飛ばした。その後、後備の機動隊33人がなだれ込み梅川を逮捕したが、梅川は首を撃たれて、ほぼ即死の状態であった。

1 2





日々のいろいろな事を気ままに残していきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう