1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

10日で収穫!"スプラウト野菜"作りがお手軽すぎる

家庭菜園をしてみたいけど、気長に待つのも土で手を汚すのも面倒…そんな人には「スプラウト野菜」がオススメです。

更新日: 2013年05月11日

奈央2009さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1570 お気に入り 185650 view
お気に入り追加

家庭菜園は「スプラウト野菜」が気軽にできる

節約志向が高まりベランダ菜園が人気だが、手間のわりにうまく育たないという失敗談も多い

若芽を食べるスプラウト野菜なら、種を蒔いてから10日ほどで収穫できる

“スプラウト”とは植物の若芽のことです。

モヤシやカイワレ大根、豆苗などがスプラウトの代表

ほか、ブロッコリースプラウト、レッドキャベツ、ルッコラ、ソバ、青ジソなども。

短期間なのに大きく育つため、栄養がぎっしり。丸ごと食べられる

小さい器でOKなので場所もとらず、室内のインテリアとしてもオススメ

作り方はすごく簡単

画像は、容器に「キッチンファーム」を使用。

用意するもの…スプラウト用のタネ、底が浅めの容器、脱脂綿

容器は、ペットボトルの底部分、コップ、イチゴパックなどでOK。脱脂綿は、化粧水用のコットン、キッチンペーパー、ティッシュなどでもOK。

脱脂綿を湿らせて種を撒き、フタをかぶせて1日1回霧吹きで水をやる

日光が入らない暗い場所に置くのでもOK。2~3日で発芽しますが、5~6cmくらい茎が伸びるまで、日光に当てないように。

5~6cmくらい茎が伸びたら日の当たるところへ移動し、種まきから7~14日くらいで収穫

ハサミや包丁で根元をカット。収穫が遅れるとしおれてくるので注意です。

水だけで栽培できるので、肥料は不要

画像で見る脅威の成長スピード

10日後にはここまで伸びたそうです。早い!

10日目。かなり長く伸びてます。

画像はレンズ豆。
サラダのほか、スープやパスタに入れたり、サンドイッチに使うなど、食べ方いろいろ。

実はガン予防・抑制効果も高いらしい

スプラウト野菜は、かなりの確率でガン予防・抑制の効果がある

デザイナーズフーズといって、ガン予防・抑制に効果のある野菜が多いようです。

特にアブラナ科、中でもブロッコリーの新芽には、「スルフォラファン」というガン抑制物質が大量に含まれる

ブロッコリースプラウトはスプラウト野菜ブームの立役者らしいです。

値段も安くてとってもお手軽にできるので、興味があったら一度ぜひ♪

参考リンク

1





奈央2009さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう