1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

懐かしいドット絵が魅力、レトロRPGの影響を受けた近年のゲーム

懐かしさを覚えるファミコン・スーファミ時代のレトロRPGをオマージュしながらも現在の技術で面白く作られたゲームをまとめました。レトロな雰囲気のRPG、レトロRPGを意識したゲーム、レトロRPGを正当進化したRPGの3種にわけて紹介します。

更新日: 2013年04月11日

inspitonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
289 お気に入り 100033 view
お気に入り追加

王道的なRPG

PSP、携帯電話、スマートフォンで販売しているRPGです。古き良き時代の印象を残しているが操作は快適です。値段も600円と安いのが特徴です。ストーリーなどは王道を貫いています。

なお、発売元のケムコは携帯電話・スマートフォン向きアプリでRPGをいくつもリリースしています。

公式サイト
http://www.kemco.jp/applipage/psp/appli/gc/

強敵に対して装備の強化やレベル上げなどしっかりと対策をして進めるのがメインという、意外とゲームらしいゲーム

ちょっと突き放した大味なバランスやドット絵のグラフィック、やや古臭い音楽などスーファミ時代のRPGを思わせるもの

素材を集めで装備を強化したりなんだりでやり込もうと思えば結構やり込めるゲーム

人類を滅ぼすドラゴンを倒すDSのRPGです。
セブンスドラゴン2020になってポリゴン化しましたが、初期作はレトロな雰囲気が漂うRPGでした。
自キャラ4人を7種の職業から作ります。
難易度と高いエンカウント率が人を選びますが、自作キャラが世界を救っていく王道RPGとなっています。

公式サイト
http://dragon.sega.jp/

NPCが最初から最後まで要所要所でいい味出してて。メインストーリーはもちろんですが、サブイベントもどれも熱かった

一般市民の台詞にやたらと気合が入っているのは高評価。パターンもかなり多く、イベントが進行する度にどんどん台詞が変わっていく

スクエア・エニックスが携帯電話・スマートフォン向けに発売しているRPG。グラフィックやシステムなどがFF4~6あたりの雰囲気です。

公式サイト
http://www.square-enix.co.jp/smart/ffdl/

かなり自由度の高いシステムで、FF3 や FF5 の様に好きな職業で戦っていく事が出来ます

Photo by Jeffrey Hamilton / Lifesize

PSP VITAのオンラインRPGです。懐かしい2Dドットとオンライン要素を組み合わせており、モンスターハンターのような狩りなどのやりこみ要素も豊富ではまる人ははまるゲームでしょう。

基本無料でプレイも無料で充分楽しめますがやり込む人には課金が必要と感じる調整です。

公式サイト
http://www.guardianhearts.jp/

重課金をしようと思えばいくらでもできます。が、それを使わなくても十分に楽しめるバランス

レトロRPGをオマージュし、独特の面白さを追求したゲーム

30秒で魔王を倒すPSPのRPGです。独特のスピード感と名前とは裏腹のしっかりとしたストーリー、パロディネタのオンパレードと言った数々の魅力を備えています。
ストーリーが続くRPGだけど30秒でクリアする多量のステージで構成されているため気軽にプレイできます。

作曲陣が無駄に豪華でRPGのサントラなどをチェックする人には聞き覚えがある人達が曲を作っています。

勇者30 公式サイト
http://www.maql.co.jp/special/game/30/
勇者30 Second 公式サイト
http://www.maql.co.jp/special/game/30s/

普通のRPGと唯一違うのが冒険の進行の速さ。その独特な速さ、絶妙なリズムのお陰で、このジャンルが苦手な人でも十分に楽しめる

「王道の中の王道」を地でいくような内容になっており、熱い展開、感動要素などが散りばめられています

思わず泣きそうになってしまう展開もあります。

PSPのゲームです。魔王が穴(ダンジョン)を掘り、モンスターを作り敵となる勇者を倒していきます。パロディネタ、コミカルな魔王、簡単なルールで戦略性が高いパズル要素などが魅力のゲームです。

勇者のくせになまいきだ
http://www.jp.playstation.com/scej/title/yunama/1/
勇者のくせになまいきだor2
http://www.jp.playstation.com/scej/title/yunama/2/
勇者のくせになまいきだ3D
http://www.jp.playstation.com/scej/title/yunama/3/

インターフェイスがシンプルに磨き上げられているため、面倒くさいどころか“土を掘っていくのが楽しくて仕方がない”といった心境になる

穴の掘り方、ダンジョンの作り方、生態系のバランス・・単純だからこそ、技量が生かしやすい

難易度の高いゲームですが、熱中するほど新たな戦略などをひらめきます。

いたるところにパロディやオマージュ(ネタ)をちりばめているのが特徴で、勇者の名前やセリフなどに、アニメやマンガをはじめ、様々なところから元ネタを拝借

1 2




美しい、面白い、知的なものが好きです。

サブカル・アート・未来技術・音楽・雑学・IT技術などのまとめです。
マニアックだけど誰でも楽しめるまとめを目指しています。