1. まとめトップ

常識を覆す!もっちもちの「寝かせ玄米」がおいしい【酵素玄米】

「え?これ餅米混ざってるんじゃないの?」ってくらいもっちもち!今話題の「酵素玄米」「寝かせ玄米」がおいしくてびっくりしたのでまとめました。

更新日: 2014年07月12日

selionさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
598 お気に入り 419548 view
お気に入り追加

これが玄米!?もっちもち食感の「酵素玄米」「寝かせ玄米」

「酵素玄米ご飯」とは、一緒に炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素の働きを活性化させたモチモチご飯のこと

100%玄米と小豆、少々の天然塩を特殊な圧力鍋で炊いてから、4日間熟成させた、もっちもちで誰もが驚く玄米のイメージを覆す美味しい玄米ごはん

玄米=硬くてモサモサ・・なイメージでしたが、これは全然違う

外見は、お赤飯がぎゅっと凝縮されたようなもっちりしっとり感がありますが、箸で持ち上げた時に嫌なべっとり感はナシ。小豆は崩れることなく、ほっくりしています。一口食べると、穀類の香りと甘みがふわわわわ~ん。発酵から想像される酸っぱさ、玄米らしい米粒の硬さは全くナシ。うん、ウマイ!

美味しくて美味しくて、特に酵素が活性化する3日目からはご飯がモチモチになって止められません

おいしいだけじゃない!うれしい美容効果

《酵素玄米ご飯》とは、玄米の胚が芽部分に含まれる有用なビタミンやミネラルを酵素の働きによって消化吸収しやすくしたものであり、 日々の生活によって失われつつある体内酵素を補給し、玄米の持つ豊富な繊維質によって腸内の浄化を促進します。

小豆のサポニン、玄米のフィチン酸、塩のミネラルと個々の成分だけでも栄養価の高いご飯

白米と比べると玄米には約6倍もの食物繊維が含まれています。お通じが良くなり老廃物を排出、デトックス効果が期待できるというわけです。また玄米と一緒に炊く小豆には細胞の老化を防ぐポリフェノールが多く含まれているため、アンチエイジングにも効果大

「そろそろ食べ始めて1年になりますが、1日平均、2、3膳食べています。気が付いたら、夫は7kg、私は2kg痩せて、お通じもよくなりました」

酵素玄米・寝かせ玄米の作り方

酵素玄米は専門のお店に行かなくても以下の要領で自分で簡単に作ることができます。
① まずは玄米4合、小豆50g、天日塩3gを用意します。
② 玄米と小豆を軽く洗って3時間~半日水につけておきます。
③ ボールに玄米と水600cc、天日塩、小豆を加えて均一になるまで混ぜ合わせます。
④ ③を炊飯器に移し水位を調整して「玄米コース」で炊きます。
⑤ 炊き上がったら40~50分ほど蒸らし、上下を返すようにして混ぜます。
⑥ 炊飯器を保温にしたまま1日1回かき混ぜ、3日目から食べ始めます。

お店で食べる&取り寄せる

1





女性向けの情報を中心にまとめています。ご連絡はTwitter「@selion_info」まで。



  • 話題の動画をまとめよう