1. まとめトップ

実力不足の声に負けず。。ハンカチ王子、斎藤佑樹のビッグマウス・名言集

斎藤佑樹がハンカチ王子として、甲子園のヒーローだったのも記憶に新しいが、何故か、今では揶揄される存在になってしまっている。その理由は、斎藤のビッグマウスにあるとされているが。。。。

更新日: 2013年07月31日

59 お気に入り 1292878 view
お気に入り追加

ビッグマウス&KYと言われているが、真相はどうなのか

早稲田大学時代の発言集

「大勢の観客の中で投げるのに慣れた。今じゃあれがないと物足りない」

「甲子園の決勝再試合はいい加減に放っていた」

「今日は観衆が思ったより少なかった。自分ならもっと集められると思う。自分なら神宮を満員にできる」

「アナウンサーやスポーツキャスターにも興味がある」

「他にもデザイナーとか設計士もいい。留学して英語も話せるようになりたい」

「秋頃のフォームに戻れば自分は今でも普通にプロで通用するレベルにいる」

「政治や経済も勉強している。いつかは自分が指導者となって日本を潤したい。でも今は僕の投球や話題で全国を明るくしたい」

「大学野球くらい今の自分なら普通に抑えられる」

「六大学にはライバルと思える人はいない」

「自分が調子が悪くても抑えられる大学野球のレベルに萎えたのは事実」

「大学野球の投手は大した事ない」

「いつか27奪三振完全試合を達成して、斎藤の名を世界に轟かせたい」

「イメージを崩せないのでまじめに話します」

「俺がいる四年間は再び早稲田の黄金時代を築きたい」

「わが早稲田は一生勝ち続けます」

「やっぱり、まだ何かを持っているなと思います。六大学(の春季リーグ戦)が終わって、運を使い果たしたころかなと思っていましたが、使い切らないものですね。一生何か持っている、こういう人生なのかなと思います」

「10年後は、イチローさんや松井さんのように注目されても構わない。対戦したら抑える自信がある」

「不敗神話と最近そう言われてその気になっていた。もう少し謙虚にならないといけないと思った」

「経験を積んで、MLBの舞台で松坂さんと投げ合いたい」

「高校時代、このキャッチャーで夏までいけるのか?と思った 」

記念交流試合で斎藤君から安打を打った坂本に対して「差は感じなかった」

日本球界で日本人は誰も160キロ出した人いないにもかわらず 、アメリカの大学との試合後、アメリカ選手の豪速球を目の当たりにした斎藤君は
「いずれ160キロ出してみたいです」(そもそも斎藤君は150キロも出ていない)

当時超高校級の怪物といわれていた中田翔に対して、「甘いボール投げなければ打たれない自信があったし駆け引きは必要なかった」

早稲田摂陵中・高で講演を行った時「将来は政治家になりたいと思っています」(会場がどよめく)

http://www.logsoku.com/r/sposaloon/1264943546/

プロ野球に入ってからの発言集

【プロ野球編】
「早稲田にいた証を、契約金の一部で示したい」
「カイエン乗りてぇ。青山に土地買うってヤバイですか?ビッグになろう」

「チャリティー活動をやりたい。病気の人や子供の為に」

「20年で200勝したい」

「(記者に)"斎藤世代、襲来"っていう見出しはどうですかね?」

「ぶっちぎりで行っても何も面白くない」

「(朝鮮)戦争が始まったら野球が出来ない」

「なるべく打率の低い打者と対戦したい」

「北海道民の皆様、ファンの方、こんにちは。東京都の早稲田大学から来た投手です」

「早稲田という最高のブランドを背負ってやっていきたい」

「(自主トレ)イチローさんがよろしければ、一緒にやってみたい」

「小さい頃から投手なので、良くも悪くもわがままな性格。(理想の人は)それをよしとして(受け入れて)くれるキャッチャーのような人」

「結婚は活躍してからが理想」

「50歳まで現役でやりたい」

「プロ野球だけが仕事じゃない」

「実戦で調整したい」

「今の自分のレベルを把握したい。打たれて学びたい」

「(梨田)監督のキャッチングは凄くいい」

「打たせて取るタイプだが技巧派にはなりたくない。松坂さんやダルビッシュさんのようになりたい」「(中田翔に)やっぱりパワーはあるな」

「これからも10割の力で投げることは無い」

「昨日から腹痛い。下痢はしていない」

「先発と中継ぎは違いますよね。自分は先発でやりたい」

「スライダーを投げれば抑えられると思ってたが、ズルはしたくなかった」

「中国から来たパンダが騒がれる。そういう物って長続きしない」

「(地震後)野球をやっていていいのか」
「(分離開幕は)パリーグとしては、いい決断をした」

「(3回9失点)コントロールを見直す。球速や球威はシーズンを通して上げていけばいい」

「いきなり同級生対決なんて面白い」

(初勝利)「次は理想の投球で」

「野球の面白さ感じた」

「いいバックがいるな、と改めて感じた」

「1勝出来て北海道の仲間入り出来たかな」

「時差ぼけをしない為に朝まで一緒にいて欲しい」

「女の子とディズニーランドに行くのが僕の夢」

「(チンコを)触ると落ち着くんです」

「なんかむなしい。これまでずっと勝ってきていたじゃないですか」

「(4回KO)変化球に頼りすぎた。自分としては内野の間を抜ける当たりに関しては良しとしている」

「少しのエラーも含めて失点を少なくしたい」

「怪我は仕方ないが、その後の2敗は防げた」

「自分の真っすぐへの自信がついてきた」

http://www.logsoku.com/r/base/1344783052/

【プロ野球編2】
「セ・リーグの4番の打者に挑みたい。全球とはいかないまでも、球宴だから真っすぐというのは頭にあります。真っすぐでいける実力をつけたいですし。まずはプロで自己最速146キロです」

「(ASで3失点後)ボール自体に手応えを感じるところはあった」

「最強の24歳になりたいです」

「実力も人としてもプロのトップに立てる」

「いずれは160km」

「次のWBCでは中心に居なければならない」

「松坂さんと一緒にレッドソックスで投げたいです」

「田中との差は大きくないと思った」

「WBCの決勝のマウンドに立っている自分が想像できる」

「夏は好き。バテたこともない」

「(松田直樹訃報)こんな形でサッカー人生を終えてしまったのは残念」

(永遠のライバル田中将大と遂にプロ初対決!!4失点完投も敗戦)「これが四年間の差か」
「(田中は)基本的には四年前と変わらない印象」
「(田中との)"野球"の差を埋める為にも、努力していく価値を見出せた。差は決して大きくないし、全く追い付けないものじゃない」

「(監督には)いい形で退いてもらいたい」

「澤村は今年10勝以上して、プロでやっていける自信がついたと思う」

「日本一の18番といえば斎藤?それを目指したい」

「滅茶苦茶いい女なんスよ。ちゃんとした大学だって出てるんスから」

「(付き合う女性は)1人じゃ我慢できない」

「福井、出てこいや!」

「フハハ!!ホモじゃないです」

「バットに当てさせないようにしたい」

「(田中初対戦では)失点の差は3しかない。6回までは0-1。点を取られる前に代えられていたらどうなった?勝てない相手じゃない」

「0に近い物を目指す」

「次のWBCでも日本代表のユニを着たい」

「もっているではなく今は背負ってます」

「風がいいようにボールを動かしてくれた」

「真っ直ぐでいける実力をつけたい」

http://www.logsoku.com/r/base/1344783052/

常に達観されたお父さんの発言集

【佑ちゃんパパ名言集】
(巨人の育成方針に対して)「どうなんでしょうか…育成選手というのはあくまでインフォーマル」

「息子に期待出来るのは人気と伸びしろだけで、実力は大したことがないということか。さも人気目当てで取ったみたいな言い方は日本ハムにも失礼だ」

「中田君は徐々に成績を残すようになるとともに、喋りも非常にしっかりしてきた」

「これから広報担当の方が付いてマスコミとの対応も整理して下さるでしょうから」

「私たちも大学側へ『マスコミへの露出は抑え気味にして、他の大学、他の子と同じ扱いにしてください』とお願いしていました。

佑樹だけが突出すれば、やっかみを買うこともあるでしょうし、そういうことは佑樹にとってストレスになりますから」

「佑樹が、田中君や大石君について、ライバルだとか負けたくないとか言うのを聞いたことがありますか?
無いと思いますよ。それは、佑樹が常にもっと高い所に目標を置いているからです」

「マー君さまさまですよ」「(監督交代で)人間関係がちょっと心配。やっと慣れたところで…」

ダルビッシュとも僅かの期間で絶縁状態になったと言われている

決定的な分岐点となったのが、実は昨年5月8日のソフトバンク戦といわれる。先発した斎藤は初回、わずか10球を投げたところで左脇腹に違和感を覚えて途中降板。その後、1か月半の戦線離脱を余儀なくされた試合だ。

初回を無難に三者凡退に抑えながら首脳陣の判断で降板した直後のベンチ裏。斎藤はトレーナーの指示でしばらく患部をアイシングしていた。しかし試合が2回、3回と進み、緊急登板した多田野ら中継ぎ陣が奮闘する中で、斎藤の状態を気にしたダルビッシュがベンチ裏に様子を見に行くと、こんな光景を目撃してしまったという。 「運悪くダルビッシュが来た時に(斎藤)本人はメールを打っていたそうです。それで『お前、誰のせいで中継ぎや野手の人たちが必死に戦ってくれてるんだよ! 治療が終わったら、さっさとベンチに来て応援しろ』と怒鳴られ、周りにいた人間も苦笑いしたそうです」(チーム関係者)

斎藤にしてみれば、患部の状態を心配して連絡してきた関係者に返答メールを送っていただけだった。しかし、常日ごろから斎藤に対して「打ってもどこか響かない」「野球に対する姿勢が、どこか違う」と違和感を抱いていたダルビッシュの堪忍袋の緒が切れてしまうのも仕方ないタイミングだった。

その後、エースは斎藤と接触することを意識的に避け、親しい選手らに「あいつはいろいろ教えてあげても『はい』というだけで何も実践しない」と不満を漏らし、周囲も両者の距離を傍観するしかなかったという。 チームメートとして、わずか1年限りの関係。糸が切れたままの両者は壊れた関係を修復する機会もないままに別れの時を迎えた。

球団関係者によると、斎藤は左脇腹痛で二軍調整中だった5月、寮規則で故障中の選手の外出を禁じているものの、それを破って都内に遊びに出かけたという。「罰則規定があるわけではないですが、斎藤はリハビリのために二軍にいたのだから、遊びに行くなど言語道断。斎藤が出かける際は、早稲田実業の後輩が運転する車を呼ぶパターンが多い。ダルビッシュはその事実を知って、憤慨していたと聞きます」と明かしている。

2012年 開幕前から危機感不足は指摘されていた

沖縄県名護市で行われている北海道日本ハム・ファイターズのキャンプを訪ねたのは、2月の3週目、実践的な練習がスタートした第3クールだった。

 ヤクルト時代の後輩でもある栗山英樹新監督(50歳)とは、積もる話もたくさんあったが、いきなり聞いてみたのは斎藤佑樹投手のことだった。キャンプが始まって以来、栗山監督の斎藤評価が思いのほか厳しかったからだ。

「この時期にこの投球内容では話にならない」
「今のレベルで満足してもらったら困る」
「佑樹にはもっともっと高い意識で野球に取り組んでもらいたい」
 栗山監督の口をついて出る斎藤佑樹へのコメントはどれもこれも辛口のものばかり。

だが、本人は15勝を公言していた

ノムさんも開幕時から疑問の声をあげていた

ここで斎藤の話題になると、「背負ってる?何を背負ってるの?ダルビッシュの後を背負う?ちょっと佑ちゃん早いんじゃないの?意気込みはかうけど、まず実績を残してから。実力の世界だから。言いたいことはまずやってから」とのっけから厳しい意見を言い放った野村氏。

改めて「持ってるんですか?」と訊かれれば「まだ持ってない」とキッパリ。
「持ってると断言できるほどのピッチャーじゃ、まだまだ。専門家として認めにくい。これから期待はできますけどね」と説明した。

2012年 不振で二軍落ちも聞こえてくるのは、ビッグマウスと練習不足の声

「生来の練習嫌いが原因でしょう。昨年、吉井投手コーチが、『あんなに練習しない選手は初めて見た』と言っていたのが象徴的な話です。キャンプで強制される走り込みはしても、自主的にはやらない。だから春先はキャンプの“貯金”で下半身が安定して、球にスピード感もあったから、低めの変化球の出し入れで勝負ができた。ところが、貯金が尽きれば、先輩・武田勝のように出どころが見えない左投手といった強みもないから、単なる球の遅い並の投手になってしまう。それなのに、ファームでも『今は走り込む必要ない』などと言って、ウエートトレに力を入れているから迷走している」(球団関係者)

「結局、調整のために1週間に1回は斎藤が先発マウンドに立つ。下には3、4年の計画でじっくりと鍛えられている投手もいるから、彼らにとっては登板機会を奪う邪魔な存在となっている。8月19日には宮城の南三陸町で斎藤が先発しましたが、本来は別の投手が登板する予定だったのを復興支援試合ということで、人気の高い斎藤を登板させたようです。ある選手は『何であんな人のために‥‥』と不満を述べていた」(前出・球団関係者)

1 2





グルメ、旅行、会話のネタ、スマホ使いこなし等

ツイッターは100%リフォローしています。
https://twitter.com/kuma2013x

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう