1. まとめトップ
  2. カラダ

医者が“加圧ダイエット”を勧めないワケ

誰でも簡単に始められる加圧ダイエット。体には負担が大きいそうですよ…。

更新日: 2013年05月20日

羊毛模様さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
233 お気に入り 378996 view
お気に入り追加

加圧ダイエットとは、腕や脚のつけ根を専用のベルトで締めつけ加圧するトレーニング法のこと。
短期間で効果があると謳われ、近年ブームになっています。

加圧によって得られる効果とは

加圧トレーニングで筋肉がつき基礎代謝が上がることによって、太りにくくやせやすい体になる

加圧で分泌される成長ホルモンの働きによって、老化を遅らせ、肌にツヤやハリを取り戻す

血流量を制限すると乳酸濃度が高まる。
専用ベルトを外すと高濃度で溜まっていた乳酸が体内に流れていき、それに脳下垂体が反応する事により、成長ホルモンが分泌されるとしている。

実際に「痩せた!」という人もいるそう

『鏡を見て、あれ?なんか引き締まってきた感じがします』

『落ちなかった体重が落ち始め、体脂肪も減少傾向にあります』

ただし・・・良いことばかりではないらしい

(AskDoctorsによるアンケートグラフ)

医師の70%が加圧ダイエットに反対

医師100名に対して加圧ダイエットに関するアンケート調査を行い、70%の医師が勧めないと回答している。

医師の多くは、『過度な圧力が健康に悪影響を与える可能性がある』と指摘している

医師が“加圧ダイエット”を勧めないワケ

脳血栓、心筋梗塞など循環器系の病気を併発する恐れがある

血管が狭くなったり完全にふさがれ血液の流れが滞る。
これにより組織や臓器に障害を引き起こします。
血栓症は心臓に来ると心筋梗塞、頭に来ると脳梗塞になる。

医師の見解は?

『下手に強く締めてしまうと、血行不良・組織へのダメージがある』

『私は絶対に反対です。 ビジネス的には成功しているかもしれませんが医学的なエビデンスの蓄積は十分とは言えません』

『科学的な根拠は必ずしも豊富ではないと思われます。このトレニーングによって因果関係は明瞭ではないものの、死亡したということもあるようです』

『成長ホルモンという一つだけの視点で全てダイエットに結び付ける医学的根拠に乏しい売り文句に騙されてはいけないのです』

関連リンク

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

羊毛模様さん

初めまして。
美容関係の仕事してます♪よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう