1. まとめトップ

ヒュンダイ・グレンジャー (Hyundai Grandeur) は、韓国の現代自動車が生産する高級セダンである。
車名である「グレンジャー (Grandeur) 」とは、英語で「壮麗」「壮大」を意味する。日本では3・4代目モデルが輸入された。

LPG車の設定があり価格も日本車より安いことから個人タクシーとして用いられている例がある

585 . 公共放送名無しさん 2013/04/08(月) 14:45:51.32 ID:/zV01ap+

注、現代自動車は2010年(平成22年)、販売不振で日本の乗用車市場から撤退した

▼ヒュンダイ・グレンジャー4代目(TG型、2005年-2010年)通称・グレンジャーTG

Hyundai-kojintaxi.jpg ‎(800 × 600 ピクセル、ファイルサイズ: 75キロバイト、MIME タイプ: image/jpeg)
ヒュンダイ・グレンジャーの個人タクシー。2006年11月28日、東京都千代田区丸の内にてComyu撮影。

グレンジャーLPIに搭載される日本国内規格のLPGボンベ

日本仕様車(2006年-2009年)

エンジンはLPI(電子制御LPガス液状噴射システム搭載の先進型LPG車)搭載のV型6気筒DOHC(165馬力(5400rpm) ・25.0kg-m (4000rpm)、排気量2700cc)のLPG(オートガス)仕様であり、グレードは基本グレード(タイヤサイズ225/60R16)の2.7 Q270(税込297万1500円)と、17インチホイール・プレミアムサウンドシステム等を装備する上級グレード(タイヤサイズ235/55R17)の2.7 Q270 Lパッケージ(税込328万6500円)の2種類である。

日本と韓国では高圧ガスの法規が異なるため、日本国内規格のLPGタンクを韓国に輸出し、日本仕様のLPGシステムをセットアップしてから輸出する方法を用いている。

量産輸入乗用車でLPG車が、日本で型式を取得した例は初めてであり、またLPG車で電子制御噴射式が自動車メーカーから発売されるのも初めてである。

動向が注目されるモデルであったが、2009年度をもって乗用車販売より撤退した(時事通信の記事)ため、本車の販売も終了。

LPGタンクは4年半で交換、見積は20万円とのこと

グレンジャー(4代目・TG)のリアデザインとサンタフェ(CM)のフロントデザインがそれぞれホンダ・アコードとインフィニティFXに酷似

▼Wikipediaによれば、首都圏でのヒュンダイ・グレンジャーの個人タクシーでの使用の例はあるが、地方都市ではないとされる

主に地方都市で使用される車種

トヨタ
クラウン
クラウンコンフォート
コンフォート
プレミオ
アリオン
コロナプレミオ

日産
セドリック
セドリックセダン
グロリア
クルー
ブルーバード
ブルーバードシルフィ
ティーダラティオ

マツダ
カペラ

三菱
ギャランΣ※同車は1999年で製造を中止したため、現存稼動車は希少である

主に首都圏等で使用される車種

レクサス
GS
LS

トヨタ
カルディナ
クラウン(ロイヤル系・アスリート系)
クラウンセダン
クラウンコンフォート
セルシオ
クラウンマジェスタ
アリスト
ウィンダム
マークX
マークII
マークIIブリット
カムリ
プリウス
エスティマ
アルファード

日産
プレジデント
シーマ
フーガ
セドリック
セドリックセダン
グロリア
スカイライン
ティアナ
エルグランド
キューブ

マツダ
センティア
ミレーニア
アテンザ
ルーチェ

三菱
ディアマンテ
デリカ

ホンダ
レジェンド
インスパイア
アコード
オデッセイ
エリシオン

メルセデス・ベンツ
Cクラス
Eクラス
Sクラス

BMW
3 Series
5 Series
7 Series

ヒュンダイ
グレンジャー、XG

プジョー
プジョー・407

現代自動車の2008年度の日本での販売台数(登録台数)は全車種(グレンジャー以外も含め)合計で501台であった

1 2





このまとめへのコメント1

  • timeismoney69さん|2013.04.09

    尾美としのりの役どころがまさに「東京の個人タクシー運転手」なので、細かいディテールまでこだわった演出って事なんですね。

1

スイカのタネさん

一番作りたいものは、『動画サイトに氾濫する動画をテーマ別に効率的にわかりやすく見るための動画集まとめ』です。しかし、大量の関連動画をすべて見てから取捨選択しているので、なかなか仕事が捗りません。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう