1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

転勤や異動先ですんなり馴染むにはどうすればいい?

春から新社会人としてデビューした方もいれば、転勤・異動で他の会社や部署に移った、または移るという方もいらっしゃると思います。仕事も人間関係もすごく不安ですよね。そこで、異動先で馴染むにはどうすればよいのか調べてみました。

更新日: 2013年04月11日

洋助3254さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1412 お気に入り 195976 view
お気に入り追加

転勤・異動が決まったらやっておきたいこと

マイナスな感情をプラスのセルフトークに変えてみる

例).「慣れない部署であることは事実。焦るのは逆効果なのだから、落ち着こう」

自分のかつての成功体験をいったん棚上げしてみる

これまでのやり方や成功体験に依存、心理学用語でいえば“自尊感情”といって、その自尊心がときには新しい環境への適応を妨げる要因にもなります。

自分のキャラクターをあらかじめ整理しておく

キャラクターをはっきりさせることで、相手も自分との接し方を判断でき、とっつきやすくなります。

異動しました、まず何をすればいい?

『前の職場は○○だった』という考えは捨て去る

異動してきて、「前はこうだったんですけど…」と主張をする人は、まわりに面倒くさがられてしまいます。

要注意人物を特定しておく

タイプは違っても、それぞれの職場での要注意人物は存在するもの。要注意人物とのお付き合いがこじれなければ、全体的な人間関係も上手くいきやすいです。

話しやすい同世代の同僚を見つけて、“暗黙のルール”を聞き出す

服装、仕事のあがり方、出社時間…など、その職場の暗黙のルールが存在しています。

人間関係を築く上で

心からの賞賛や節度のあるお世辞は、相手の好意を獲得するのに効果的

好きだといってくれる人を好きになる、「好意の返報性」と言われる効果です。

⇒「世界で最も偉大な自動車セールスマン」としてギネス認定された、ジョー・ジラードは、顧客に好意を示すことで顧客の好意を獲得した

最初の3カ月だけは、無理をしてでもいろんな人と積極的に仲良くする

⇒どんなに社交的な人でも、交友関係の広がりは最初の3ヶ月でほぼ頭打ち、それ以降は新たな友人が増えるケースは少ない

ドイツ・フンボルト大学の心理学者ジェンス・アセンドルフ氏の調査結果より。

実際に異動を経験した人の前向きな意見

出典nanapi.jp

何より不安の多い転勤や異動。これから実際に控えているという方もツイートのように前向きに頑張れるといいですね。

4月から新しい部署に異動したんですが、毎日楽しすぎる!何かを変えたくて自ら選んだ手前、カッコ悪い仕事は出来ないし、覚える事が山の様にあるけど刺激がハンパない。ホントよかった。

異動させられてよかったかな。仕事はちょっと環境的に厳しいけど、上司は信頼できるし。間違ったことと正しいことをちゃんと線引きするから。それ以外のことは言わない。求められる最低限からステップアップを想像できるかな。

前にいた支社では、もうだめだ…って思ってたけど。異動して、すごい人がいると気づけてよかった。

前の職場は名残惜しいけど、また違う環境で自分の仕事やるのはなんか楽しいかも。今は異動してよかったなぁと思ってる。経験として。

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

洋助3254さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう