1. まとめトップ
  2. カラダ

医師が「ガンでは?」と疑う3つの症状

症状だけで“ガン”だと断言するのは難しいそうですが、精密検査をしてみると「やっぱりそうだった…」というケースがあるみたいです。

更新日: 2013年05月19日

kailanichinさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
648 お気に入り 855139 view
お気に入り追加

増加し続ける日本のガン患者

ついにガンによる死亡者数がアメリカを超えてしまった日本。

日本人の3人に1人は、ガンで死んでいる

日本では、年間35万人のガン患者が死亡しています。
これは全死亡者数の30%強を締めている。

先進国で「日本」だけ、ガン死亡者数が毎年増加し続けている

受診率の20%前後と低い日本では、ガン死亡者が年々増えているんです。

ガンは「早期発見」が最も大事

ガンの治療開始から5年後に生存している人の割合。

前立腺がんは進行する前ならほぼ100%完治する

前立腺がんは今、日本で最も増えているガンの1つ。
しかし、「おとなしいガン」であるため、早期発見ならば完治する可能性が高い。

ガンは初期症状でも分かる?

ガンによって現れる症状には、軽微な兆候から重い症状まで多岐に渡る

医師は、初期症状によって「ガンでは?」と疑うことがある

医師は、穏やかな診療の中でも、「あれ?」と思うことがあるそうです。

1.体重減少

出典hmi.jp

体重減少は、がんを疑わせる症状の代表です。

ダイエットなどをしていないのに体重が減っている

いつもと変わらない生活をしているのに体重が減っていく場合は要注意。

1~2ヶ月で10~15%以上の体重減少がある

洋服のサイズが合わなくなったり、ズボンやスカートがぶかぶかになるなどの自覚があるはずです。

2.便の異常

便の色が黒色、暗赤色から暗紫色になる

直ちにガンを疑う必要はないのですが、重い病気を発症している可能性も考えられる。

3.貧血症状が続いている

息切れがする、めまい・ふらつきがある

出血を引き起こしている

腸内で出血が大量に起こり貧血状態になるケース。

初期症状での“ガン診断”について語る医師

『貧血症状のある患者さんから大腸がんを発見することはかなりあります』

大腸がん専門医のコメント。

『喉頭ガンの場合、声が1ヶ月以上かれている場合はガンを疑います』

関連リンク

1





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

kailanichinさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう