1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

脳波でロボットを動かすBMIという技術があるらしい

脳卒中の後遺症やALSでカラダが不自由な人のために研究されているBMIという技術があるとのことです。まだ研究段階ですが、日本の研究はかなり進んでいるようです。

更新日: 2013年04月12日

TOMEKOさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
176 お気に入り 75213 view
お気に入り追加

BMIとは

いつかは念じるだけでロボットを操縦できるようになるかも?

人が何か動きをイメージすると、脳からはそれに応じた電気信号が出されます。この信号を電極で読み取り、今どんな動きをしたいのか、分析します。その結果をロボットアームなどに送り、同じ動きをさせること

現在は、外科手術で脳内に電極を埋め込むBMIと、頭皮にセンサを接触させるだけのBMIがある

電極を直接脳に刺しこむ方法は、安全面が大きな課題になっていた。日本では薄いシリコン製の電極を開発し、脳を傷つけない方法が研究されている

色々なことに成功している

ASIMOを動かす

ただし、「右手」「左手」「足」「舌」限定。7秒~9秒間、頭に思い浮かべる必要があるため反応は鈍い

コンピューター上のバーチャル空間にいるキャラクターを動かす

どんなことのために研究されている?

手足が不自由な人などの新しいコミュニケーション手段に

義肢を脳で動かせるようにしたりして、誰にもBMIの使用を気付かれずに自然な生活が送れるようにすることを目指している

参考リンク

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

TOMEKOさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう