1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

これは便利! 手動充電機能がついたiPhoneケース

手回しで発電しiPhone5に充電できるiPhoneケース「Reactor」が開発されました。緊急時に役立ちそうです。

更新日: 2013年04月16日

chattingcatさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
521 お気に入り 127143 view
お気に入り追加

iPhoneケースに発電機を内蔵し、いつでも即座に手回し発電可能にするのが「Reactor」です。

1分間ハンドルを回せば、およそ5分間通話できるくらい充電される

その程度の作業で利用できるのであれば十分実用に耐えられそうです。

Reactorはケースの中に400mAのバッテリーと500mAhの発電機を内蔵しており、USBコネクタを通じてiPhoneの充電を行うと内蔵バッテリーも同時に充電されます。そのため、ハンドルを回した瞬間にコンセントに接続した時のように充電を開始することが可能。

iPhoneの充電に特化した機能で、類似の手回し発電器よりも手軽に使えます。

ハンドルはケースと一体化するようにスマートに収納できる

写真撮影や音量調整などはケースを装着していても問題なく行える構造になっています。

装着したままでも、この薄さなら使用する上で差し支えはなさそうです。

これさえあればバッテリーが切れることも、コンセントを探して充電できる場所を探すこともなくなるかも。なにしろ人力充電ですからね!

この手回し充電ケースGridcase Reactorは現在Crowd Supplyで資金調達中。99ドル(約9500円)の出資で手に入れることができる

2013年5月4日締切で資金募集中ですが現在(4月16日)のところやや苦戦しているようです。めでたく商品化されるでしょうか。

▼Twitterの意見

旅行中とかこういうのが欲しいんだよな。実用性云々ではなくて安心を買うみたいな意味で RT @gigazine: iPhone 5が手回しで充電可能になる薄型ケース「Reactor for iPhone 5」 gigaz.in/11HOrif

microUSBで通信・充電できるだけでも利点あるかも。 “@gigazine: iPhone 5が手回しで充電可能になる薄型ケース「Reactor for iPhone 5」 gigaz.in/11HOrif

ハンドルをケースに内蔵させた点は評価できるが、そこまで緊急時の通話を重視するなら、別に外部バッテリーを持ち歩いた方が良い。 →【iPhone 5が手回しで充電可能になる薄型ケース「Reactor for iPhone 5」出資を募る】ignt.hk/12yn6Sd

▼参考リンク

1





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

chattingcatさん

気ままにまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう