1. まとめトップ
  2. 雑学

荒木飛呂彦に学ぶ”老けない・若さを保つ方法”とは!?

元々、老けない素質を持った人かと思ってたけど、やっぱり健康には気を使っていたのね。

更新日: 2014年07月29日

toolloveさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
926 お気に入り 544550 view
お気に入り追加

荒木飛呂彦(53歳)に学ぶ”若さを保つ方法”とは!?

荒木 飛呂彦(あらき ひろひこ、1960年6月7日 - )は、日本の漫画家。宮城県仙台市若林区出身。東北学院榴ヶ岡高等学校卒、宮城教育大学中退、仙台デザイン専門学校卒。身長169.5cm、体重(2007年現在)61kg、血液型はB型。既婚者で二女の父。代表作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)1987年1・2号から連載開始された『ジョジョの奇妙な冒険』。20年にわたって連載され続けており、シリーズ総計106巻(2012年8月現在)、発行部数は7000万部に及ぶ。

100人中100人が気になっている疑問『荒木飛呂彦の若さの秘密』

しかし荒木飛呂彦さんと古代祐三さんは老けないよね…不老不死の薬を飲んでるんじゃなかろうか…

NHKに荒木飛呂彦登場。見た目だけじゃなくて喋りも若いよね

生活スタイルを真似すれば、歳をとらないのは?という事で、荒木飛呂彦先生の生活スタイルをまとめてみた。

体力維持のため50歳を過ぎてもジムでのトレーニングや水泳を欠かさず、三食ともひとめぼれを食べる。また独自の健康法として、冬でも冷水のシャワーを浴びるという。

今の奥さんとの初デートの日ですら日課の水泳があるからってプールサイドに奥さん残してトレーニングしてたらしい。

①夜は10時就寝、朝は5時半起床、その後小1時間お散歩
②朝食は自作の生野菜ジュース
③昼食は野菜中心のメニュー
④夕食は食べない
⑤ストレス解消の趣味

専門家の見解は?

これほぼ1日1食ですよね。毎日23、24時間ほど断食をしているようなものです。ということは「吸収は排泄を阻害する」という生理的原則によって、体内の毒素や有毒物質、汚れやごみなどは限りなくゼロに近くなっていると考えられます。

Q.ストレス解消方は?
仕事場まで歩いて通う、10分ぐらい

Q.荒木流健康法は?
執筆前のストレッチ

タバコはとにかく駄目らしい

荒木飛呂彦先生はタバコが苦手で、最近(1991年)は人が隣りで吸っているのも嫌で、ついには登場人物の「くわえタバコのホル・ホース(敵)」にまで禁煙をさせてしまったそうです。

太陽光を浴びないのが若さの秘訣だと週刊プレイボーイ誌の南海キャンディーズとの対談でおっしゃっていました。

荒木飛呂彦先生曰く

よくわからないんですけど、一応東京都の水道水で毎日顔を洗っているくらいで、とくに何もしていません。

波紋呼吸法の使い手という噂も

波紋呼吸法を使用しているとしか思えない。 - ジョジョ作者荒木飛呂彦の健康法 bit.ly/11cfp03

吸血鬼だからか、波紋をやってるからでしょうね。ご本人もそうおっしゃっていましたし。

波紋法とは?

1 2





このまとめへのコメント1

1

ブログ『愛すべき道具達』を運営しているtoolloveです。記事作成後、すぐにツイートしますので、フォローして頂ければ嬉しいです。https://twitter.com/thelovedtools

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう