1. まとめトップ

最新2016年・自殺の多い国ランキング【TOP20】

最新の自殺者数(10万人あたり)の国のランキングです。統計が信頼できる国は果たしてあるのでしょうか。

更新日: 2016年07月04日

teke_tekeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
54 お気に入り 581148 view
お気に入り追加

1位 グリーンランド(デンマーク領)  83人(10万人中) ※2011年統計

予想外のグリーンランドがダントツトップでした。そもそもどこって?思う人が多いのでは?
自殺理由 → アルコール中毒やうつ病、貧困、パートナーとの不仲、機能不全家庭の増加。他、不眠症や白夜、伝統文化と西洋文化の不調和、極寒の気候と日照時間など。

首吊り(46%)
拳銃(37%)、他

2位 リトアニア 31人 ※2012年

理由 → 旧ソ連からの経済的・社会的変化、アルコールに起因するもの。他、寒く厳しい気候など。

約80%がアルコールに関連しており、地方ではアルコールが最も深刻な問題になっている。

3位 韓国 28.5人 ※2013年

理由 → 経済的困難、解雇、家庭問題、抑うつや絶望感からなど。他、儒教社会やライフスタイルの変化、中傷(美意識の高い国民性が故に?!)など。

4位 ガイアナ 26.4人 ※2006年

南米の明るい国なのになぜ?!
理由 → インフレ、貧困など。

約40%が農薬の服毒自殺

5位 カザフスタン 25.6人 ※2008年

理由 → 学校でのいじめ、自己価値の欠落、メディアでの暴力映像の増加など。他、旧ソ連からの社会的・経済的変化。 厳しい寒暖差の激しい気候。

10代の若者が最も多い

6位 スロベニア 21.8人 ※2011年

1 2 3 4





ご覧いただきありがとうございます。
幅広くマニアックな情報を発信します。



  • 話題の動画をまとめよう