1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

食費を押さえる!スーパーで無駄遣いしないための10個のコツ

日々の出費でどうしても欠かせないのが食費。が、ついつい買い物に行ったスーパーで無駄遣いをしてないでしょうか?そんな無駄遣いを止め、食費を押さえる方法10個をまとめました。

更新日: 2013年04月17日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
783 お気に入り 103218 view
お気に入り追加

意外と買いすぎてしまうことの多いスーパーでの買い物

しかし、何でも売っているが故、必要のないものをつい買ってしまい、レジの会計で意外な金額にびっくり

ついつい買いすぎてしまうことありますよね

スーパーに行くと、ついあれもこれもと目移りして、いろいろ買い込んだものの、期限内に食べきれずに、結局、お金も食材も無駄にしてしまう

1日とか1週間といった短いタームで見るとわずかな額であっても、年間に換算すると何万円もの違い

そんな買いすぎを押さえて、スーパーで無駄遣いしない10個のコツ

1.家にあるものを把握しておく

冷蔵庫や戸棚にある食品を把握しておくのは基本。スーパーに出かける前に家にある食品をチェックしておく。重複して買う・無駄遣いするのを防げます。

まずは冷蔵庫の中身をチェック

2.スーパーのちらしをチェックする

ちらしのチェックはスーパーでの買い物の基本。特売品を事前にチェックすることができる。すべての商品が一か所ではなかなかお買い得に買えない場合は、スーパーをはしごするつもりで

3.まず売り場を1周

まず何もかごに入れずに売り場全体を歩く。1周して大体の見通しがついたら、まず肉や魚を選ぶ。、それに合わせて付け合わせや副菜になる野菜を選ぶと無駄が少ない。大まかな値段を計算しながら商品をかごに入れていき、レジの前でもう一度商品を確認。

まずは売り場を一蹴

4.「見切り品」に目をつける

各売り場の端に設置されている「見切り品コーナー」には注意。当日に食べるものなら見切り品も選択肢に。

5.棚の端に注目する

お客さんの目線になる真ん中の棚は、高価格商品が陳列されていることが多い。一方、下の棚には低価格商品、上の棚はその他の商品が並べられているのが一般的。下の棚にも目を向けると、類似商品で安いものを見つけることができる。

6.旬のものを買う

「今年は台風の影響でキャベツが高い」「今年のサンマは大漁で安い上、脂が乗っていておいしい」といったニュースを知っていると、高い食材を避けて買うことができます。

7.レシートをチェックする

レシートをチェックして抑えられるものを探す。そうやってレシートで振り返ることで、少しずつでも節約することができます。

レシートもしっかりチェック

8.便利さは度外視する

ちょっとした加工が加えられているだけで、価格は3倍~6倍に跳ね上がる。少しでも安く買いたいならば、便利さは優先順位を下げるべき。

9.どうしようか悩んだ時は買わない

買わずに後悔する事よりも、買って無駄だったと後悔する確率の方がはるかに高い。あーこれはどうしよう、と思った物は戻すくらいの心構えで

でも基本は我慢!!

10.基本は我慢する

物欲は誰にでもあるのですが、やはり我慢することが大切。その時我慢することで、後で大きな買い物ができる可能性も出てきますよね。

逆に無駄使いをしてしまう悪いクセ5つ

1.献立を決めないで買い物に出かける

出かける前に献立を決めておかないと、お店の安売り表示などに釣られて、つい余計な買い物をしてしまいがち

2.買い物メモを作らない

“買い物メモにあるもの以外は買わない”という習慣で、お金も時間も無駄にしない効率のよい買い物を

買い物メモなども大事なようです。

3.買い物の予算を決めていない

「今日の買い物は●円まで」という予算を決めておくことは、無駄遣い防止や節約において不可欠

4.お腹がすいた状態で買い物に行く

お腹がすいた状態だと、お店にあるものがどれもこれも美味しそうに見えて、つい買い物カゴに放り込んでしまいます

1 2





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう