1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

仕事を早く終わらせて華麗に帰宅する9つのヒント

単純に仕事が終わらずに残る場合や、終わってるのにも関わらずなんとなく残ってる、そんなこんなでいつも帰りが遅いと悩んでいる方が日本には多いそうです。そこで早く帰って自分の時間を作るヒントをまとめてみました。

更新日: 2013年04月17日

洋助3254さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2154 お気に入り 211540 view
お気に入り追加

仕事を開始する前に考えておきたいこと

差が付くのは「スピードの速さ」ではなく「スタートの早さ」

スピードを速める方法ではなく、スタートを早める方が、スピードアップにつながります。

仕事にとりかかったら

はじめて行う業務は、“前例”を探す

まともに1から作っていては、いくら時間があっても足りません。先人の知恵を借りるのです。

きちんと「ノー」と言い、自分のしていないことをコントロールする

いい仕事をすればするほど、より多くの人から仕事を頼まれるようになります。自分の価値を理解した上で、自分に合っていない仕事やプロジェクトの依頼は、できる限り断るようにしましょう。

仕事を重要度ではなく緊急度で判断し、今日しなくていいことは先延ばしする

“緊急ではないけど、長い目で見れば重要な仕事”は、今日やる必要はありませんから、業務に余裕があるときにすればよいのです。

退社後すぐの予定を入れて、定時にオフィスを出る動機を作る

「今日はしっかり料理を作ろう!」とか、「今日は、あの映画を観よう」など、おうちでの楽しみをスケジュールに入れておくと効果があるかもしれません。

周囲の目が気になって帰れないときの対策

同僚や後輩に定時退社仲間を作る

自分だけ早く帰るのは気が引ける…日本の企業の特徴というか、そんな雰囲気ありますよね。定時退社仲間が早く帰る日は、協力してあげることも忘れずに。

「報告・連絡・相談」を地道に繰り返して、仕事を周囲に「見える化」する

「周囲の目」に対抗するためには、「あいつはあれだけやっているのだから…」と、誰もが認めざるを得ないような状況を作ってしまいましょう。

残っている人が「羨ましいなー」と思うくらいに、楽しそうに退社する

自分が楽しそうに退社することで早く退社しようと思う人が増えたり、定時に帰ることが当たり前になれば作戦は成功です。

参考サイト

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

洋助3254さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう