1. まとめトップ
  2. カラダ

【チェック】つい自分の舌を噛むのには原因があった!4つの理由と対策!

【チェック】つい自分の舌を噛むのには原因があった!4つの理由と対策!

更新日: 2013年04月20日

ma-komeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
227 お気に入り 217836 view
お気に入り追加

「ガリッ」つい舌を噛んでしまうあの痛さ、一度は経験ありますよね

よく舌を噛んでいる、という方は注意!

Photo by Jupiterimages / Polka Dot

舌が炎症を起こし、傷ついた部分が細菌感染して赤くはれて痛みを伴う。痛みのために食事そして会話にも支障が出ることがある。

舌を何回も噛んでいると、噛んだ傷からばい菌が繁殖することもあり、舌癌(ぜつがん、舌ガン)の発生原因にもなる。

舌癌で舌のほとんどをとってしまった場合は、口に入れた食事をのどの奥に送ることができないので、流動食を上を向いて流し込むような食生活になることも。

つい自分の舌を噛むのには原因があった!4つの理由!

【1】疲れが溜まっている、体調不良

Photo by Jupiterimages / Photos.com

「いつも行っている口の中の動きが、体調不良によって上手にできずに噛んでしまうことがある」

東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・小村 健教授

ストレスから、なかば無意識に頬を噛んだり、頬を吸う癖が付いてしまっていると、口の中を噛みやすくなる。

【2】胃腸(消化器系)の調子が悪い

ビタミンB12が不足していると、神経の軽度な障害が出ることにより筋が思うように動かないことから舌を噛んでしまうことがある。この吸収には胃が大きく関与している。

【3】肥満気味で、体重が増加傾向にある

「太っている人も噛みやすい」

東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・小村 健教授。アゴが関係しているようです。

【4】虫歯があったり、歯の噛み合わせに問題がある

噛みやすいのは顎関節のズレが問題になっていることが多い。

大阪市都島区の村上カイロプラクティック

硬いものを噛むことが少ない現代人の顎は、昔の人に比べてほっそりとしている。顎が細くなれば、歯の並ぶスペースも狭くなる。歯は小さくならないので、おのずと歯並びが悪くなり、舌や唇などを噛む確率が高くなる。

【対策】舌を噛むことが多いなと思ったら!

1 2




ma-komeさん

事件、災害、鉄道などの速報系がメインです。たまにゆっくりと健康・映画ネタなどもまとめています。これからは大好きなディズニーネタを増やしていこうと思っています。よろしくお願いします。



公式まとめ