1. まとめトップ

【新生活】知ったら作りたくなるVISAデビットカードの魅力

意外と知られていないVISAデビットカードの便利さをまとめました。これから新生活に向けてカードを作るような人だけでなく、クレジットカードを使い過ぎてしまう人はVISAデビットカードに乗り換えることで生活改善が見込めるのでは。

更新日: 2015年01月09日

spittlebugさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
213 お気に入り 287863 view
お気に入り追加

VISAデビットカードとは

Visaマークのある加盟店で、クレジットカードと同じ手順でご利用頂けます。 只し、お支払い回数に関しては1回のみ(一括)でのご利用となります。

J-Debitは加盟店が増えず使い勝手がいまいちでしたが、VISAデビットカードはVISA加盟店であれば使うことが出来るため、クレジットカードと同等の使い勝手になっています。

VISAデビットカードで出費を抑える

ATM利用手数料がかからないように預金をおろすっていうのは意外と手間がかかります。銀行は早くに閉まるし結局コンビニっていうのはよくある流れ。
VISAデビットカードの場合は預金の中から手数料なしで使うことが出来るため、手持ちがないって時にも余計な手数料がかかりません。

世界中のVisa加盟店で利用することができ、200の国と地域に設置されている150万台以上のVisaもしくは、PLUSマークがあるATMで、自分の口座から現地通貨を引き出すことができます。

これにより海外旅行での支払いが格段に楽になっています。クレジットカードの場合だとキャッシング扱いになって利率など高くなっていましたが、こちらの場合はATM手数料+為替手数料で手軽に引き出せます。

購入したその場で引き落としがかかるので、為替動向が関係なくなります。普通のクレジットカードだと、1ヶ月先のレートになったりしますよね。

クレジットカードの場合は1か月後という為替の読めない時期のレートになりますが、VISAデビットの場合は使った日のレートになるため「安い時に買う」ということが可能になっています。もちろんVISAカが使えるネットショップであれば全店利用出来ますし、VISAが使えないネットショップなんて極希です。

VISAデビットカードを使うメリット

レストランでVISAデビット支払いをすると、店員からカードを返してもらったくらいのタイミングで僕のiPhoneが「ポーン」と鳴ります。銀行から、レストランで支払った額が引き落とされた旨を知らせるメールが届くのです。

クレジットカードの場合は1ヶ月ほどのタイムラグがありますが、VISAデビットカードの場合は遅くとも1日程度で決済完了のメールが届きます。このため自分が払った金額が把握しやすく、またカードを紛失してしまった時にも不正利用されるとすぐに分かります。

大きな点は「銀行口座」の残高のみしか利用限度がないという点です。簡単に言えば「使いすぎる」という事がありません。

最近はリボ払いで苦しんでいる人が結構な数いるようで、ネット上なんかではかなり問題視されています。
クレジットカードは使うたびに「負債」が増えていきますが、デビットカードは「残高」が減るだけで自分が使っていい金額をオーバーすることがありません。

高校生でも本やゲームをAmazonで購入したいお年頃。いちいち親に頼んで買ってもらっていたりするのは面倒ですよね。

銀行にもよるようですが、スルガ銀行の場合は15歳からVISAデビットカードを作ることが可能です。子供にもたせてお小遣いは振り込んであげる、という使い方をすると子供も「お小遣いの中で」ネットショッピング出来るようになります。

VISAデビットカードを作れる銀行

年会費や初期手数料が無料なので、ひとまず使ってみたいという人に特にオススメ。迷ったらスルガ銀行にしておけば間違いないです。
またATM手数料も最も安く、年に一度利用料の0.2%がキャッシュバックされるなど、ローリスクながらハイリターンな印象です。

http://www.d-laboweb.jp/service/visa_debit.html

審査なしと謳っているため年齢さえクリアしていれば「誰にでも作れる」というのが強み。
また楽天をよく利用している人には「楽天スーパーポイント」が溜まることや、楽天オークション参加者に利用者が多いのも特徴です。

http://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/

JALのマイルをためられることや、海外での手数料が上記二社と比較して0.5%安くつくので、海外用として考えるならりそな銀行が良いでしょう。
ちなみに初年度の年会費は無料ですが、二年目から年会費1,000円かかるため頻繁に海外へ行く人向けといった印象です。

http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/service/hiraku/visa_debit/index.html

参考リンク

1





spittlebugさん

日常にころがる些細な節約情報やお役立ち情報などを中心にまとめていきます。



  • 話題の動画をまとめよう