1. まとめトップ

NHK朝ドラ『あまちゃん』第17話にクドカンが仕掛けた伏線がスゴい

2013年4月19日放送のNHK『あまちゃん』第17話脚本に秘められたすごい仕掛けについて解説

更新日: 2013年05月13日

雨男さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
309 お気に入り 1626550 view
お気に入り追加

NHKの朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が面白すぎます。まだ見たことない人は、NHKオンデマンドで1話から配信されてますので、是非一度見てみてください。

で、この朝ドラ「あまちゃん」の脚本を担当しているのが宮藤官九郎さんなのです。今までいくつもの記憶に残るドラマを書いてきた宮藤さんですが、若者向きのドラマの脚本家というイメージが先行して、正直「朝ドラにクドカン脚本ってどうなの?」と心配だったんです。

ですがフタを開けてみれば、NHK朝ドラという枠と宮藤さんの脚本が見事にマッチして、若者からお年寄りまで視聴者の評判も上々、視聴率も過去最高という記録を作っています。

宮藤さんの脚本といえば至るところに小ネタが散りばめられているのが有名で、「あまちゃん」でもいろいろ発見できて面白いんですが、実は脚本の奥深さもヤバイんです。「あまちゃん」第三週では、この奥深さが炸裂し思わず「クドカンすげー」ってなったので解説がてら紹介します。

「あまちゃん」世界のルール

第2週までのあらすじをまず把握しといてください。

第2週の終わりまでに、主人公・天野アキはいろいろあって、母親の春子と一緒に、祖母の天野夏の家で暮らして、海女を目指すことが決まったんですね。


あらすじ|NHK連続テレビ小説「あまちゃん」
http://www1.nhk.or.jp/amachan/story/02.html

そして一緒に暮らすにあたって、アキと春子と夏の間で、ご飯のルールが決められます。

で、この天野家の新しいご飯のルールが、第3週の第14話で、夏のナレーションにより紹介されるわけです。

(夏のナレーション)
 一緒に暮らすにあたり、私達はいくつかのルールを作りました。

・朝ごはんは必ず3人一緒に食べること。
・それぞれが食べたいものを食べたい分だけ食べる

 夜のスナックタイムは少々複雑です。

・まず月曜と水曜は春子と弥生が店に出るため、アキは夏ばっぱと晩御飯を食べる
・火曜と金曜は夏と美寿々が店に出るため、アキは春子と晩御飯。
・木曜と土曜は夏と春子が店に出ます。アキは一人で晩御飯。
・そして日曜、弥生と美寿々に店を任せ、3人で夕食を食べます。

出典NHK「あまちゃん」第14話

「あまちゃん」の夕食シーン、またはスナック「りあす」のシーンを見れば、その日が何曜日か丸わかりなわけですよ!

例えば、2013年4月18日放送の第16話では、夏と春子による晩御飯のシーンが出てくるわけですが、この時アキはユイちゃん家にお呼ばれされていたので、元々3人で夕食を食べる曜日だったんです。ということはこの日は日曜日で、観光協会でK3NSP会議が行われた日と同日ということになります。


これを気にして見てると他にもすごい発見があるんです。

「あまちゃん」の時代

「すごい発見」の前に「あまちゃん」の時代の説明です。

「あまちゃん」は現代ドラマであっても、時代は少し遡ったところから始まります。他のドラマのように年代をぼかすことなく、始まりの年代は明確に2008年と決まっていて、そこから最終回に向かって現代に追いついてくるわけです。

で、ドラマの中にはところどころで日付が分かるシーンが散りばめられていて、「あまちゃん」第一回のシーンも、2008年6月30日と具体的な日にちまで分かるようになっています。

第3週に出てくる北三陸秋祭りの日付

第3週第18話に出てくるのが「北三陸秋祭り」です。

秋祭りの開催日は、2008年9月13日14日の土日です。この日付、第2週で放送された第11話で判明しました。

第11話で、アキと親友のユイが、お祭りの準備を手伝うシーンがあり、そこに北三陸秋祭りのポスターが貼ってあって、日付も書かれていたんです。

第3週第17話の脚本の奥深さ

第3週で、祖母の夏と一緒に暮らし始めて、海女修行に精を出す主人公のアキですが、第14話では夏との約束を破って海に潜ったことから、海に潜ることを禁じられてしまいます。

(「あまちゃん」第3週あらすじ)

 夏休みが終わり、東京に戻る予定だったアキ(能年玲奈)と春子(小泉今日子)だったが、結局、北三陸で暮らすことに。アキは、北三陸高校に編入し、放課後は祖母・夏(宮本信子)の指導で海女修業、という生活。しかし、いまだにウニを一匹も獲ることができずにいた。秋が近づき、このまま海女漁の季節が終わってしまうことに焦るアキは、夏との約束の時間を越えて、海に潜る。しかし、大きな潮の流れにのみこまれ絶体絶命の危機に…。先輩海女の美寿々(美保純)に間一髪助けられたが、夏の逆鱗に触れ、海に潜ることを一切禁じられてしまう。

.
このことが原因で、アキと祖母の夏との仲がギクシャクしちゃうんですね。

アキに海女漁を禁止させてから、夏は海に潜る張り合いをなくしてしまってか、海女を休むようになってしまいます。

(「あまちゃん」第17話、袖ヶ浜漁協での会話シーン)

美寿々「今日も夏ばっぱ休みか」

かつ枝「うーん、体もしんどいだろうし、アキがいねえんじゃ浜さ出ても面白くねえもんなぁ」

美寿々「だったらいい加減、許してやりゃあいいのに」

出典NHK「あまちゃん」第17話

.
第17話の冒頭では、顔を合わせても会話一つなくなったアキと夏に対して、春子が自分も夏と大げんかしたことを棚に上げて呆れてしまうというシーンも出てきます。

(「あまちゃん」第17話冒頭、アキと夏のよそよそしい態度を見て)

春子「もう、いい加減仲直りしてくれないかなぁ、めんどくさい」

出典NHK「あまちゃん」第17話

.
で、第17話では、最後にアキと夏の晩御飯のシーンが出てくるわけです。

第17話の晩御飯のシーンです。上記の天野家のルールを確認してみてください。

アキと夏が食事しているということは、この日は月曜か水曜のはずなんです。

だがしかし、この後に春子による衝撃のセリフが。

(「あまちゃん」第17話、帰ってきた春子とアキの会話シーン)

アキ「おかえり」

春子「あら、まだ起きてたの?」

アキ「うん、眠れなくて」

春子「早く寝ないと、明日お祭りだよ」

出典NHK「あまちゃん」第17話

.
春子は「明日お祭り」と言ってるわけです。
北三陸秋祭りの日付は、9月13日土曜日と9月14日日曜日と決まっています。

つまり、この日は金曜日だったということなんですね。

第17話のアキと夏の晩御飯シーンは、2008年9月12日の金曜日と確定したわけです。

でも金曜日は、夏がスナックの店番に出て、アキと春子で晩御飯を食べる日ですよ。

だから、この日の夏は、スナックの店番を春子に代わってもらってアキと晩御飯を食べたということなんですよ。

どうしてそんなことを?

アキに海女を謹慎させてアキとの関係がギクシャクしてしまったことについて、夏のほうも相当こたえているということなんですね。

夏はアキに謹慎を命じてから、海に潜る張り合いがなくなって海女漁を休んでいたと、17話で明かされてましたけど、アキを叱りつけてからはスナックリアスの店番も面白くなくなって休んじゃったわけです。

もしくはこんなことも想像できます。

アキと夏のギクシャクした関係を見かねて、春子が自分から夏と店番を代わってあげて、アキと夏が2人で会話できるように場を取り持ってあげたと。第17話の冒頭の春子のセリフ「もう、いい加減仲直りしてくれないかなぁ、めんどくさい」がつながります。結局ろくに会話もできなかったのですがw


第17話では、晩御飯の人数と曜日のルールを使って、天野家の人間関係の変化を視聴者が想像できるようになってるんですね。すっごい仕掛けと思って紹介させていただきました。

クドカンの伏線回収の上手さ

他にも、「あまちゃん」の序盤では、視聴者がツッコミを入れたくなる内容がいくつもあるのですが、そういう視聴者の行動もクドカンは見据えていて、後々の回で、それらのツッコミに答えてくれるんですよ。

例えば、

・何の説明なく突然始まった東京生まれ東京育ちのアキの言葉の訛りって不自然じゃないの?
 →第17話で、親友のユイに「アキちゃんがなまってるのなんて嘘だし、不自然だし…。何かバカにされてるような気がする。」と、作中人物による視聴者の今までのモヤモヤを代弁させる。

・春子とアキは天野姓を名乗っているけど、黒川とは離婚したの、してないの?
 →第13話の転入シーンで、アキは最初「黒川アキ」と自己紹介しようとする→つまりまだ離婚していない。別居は一時的なものと分かる。


まだ回収されてない疑問もいろいろあるんですね。

・なぜ春子のメールアドレスを安部ちゃんが知っていたのか。
・アキの祖父、忠兵衛さんは本当に亡くなっているのか。


こういう疑問にどんなびっくりする展開で脚本が答えてくれるか、今後がとっても楽しみですね!

脚本以外にも「あまちゃん」には小ネタがいっぱい

1




このまとめへのコメント1

  • nirenoさん|2013.05.04

    伏線っていうのは伏せてあるからこそ伏線といいます。
    ここで説明しているようなことは状況変化であって伏線ではありません。
    もちろん、状況変化によって人間関係や心境の変化を演出してみせるのが
    巧みなことには変わりはないのですが。

1

このまとめに参加する