1. まとめトップ

“じぇじぇ!朝ドラ「あまちゃん」のモデル?”実在していた美人すぎる海女さん

大向美咲さんは久慈市漁業協同組合小袖支所「小袖北限の海女の会」に高校卒業後 入会し、常勤の海女さんとして働いていたんですが、テレビのニュースで取材された様子 がNHKで放送後「美人すぎる海女さん」として一躍有名になりました。

更新日: 2014年03月01日

tainoyoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 125342 view
お気に入り追加

NHK朝ドラ「あまちゃん」のモデル?

岩手県久慈市出身の北限の海女。「かわいすぎる海女」の異名で知られる。

2009年(平成21年)、当地の最高齢海女を祖母に持つ大向美咲は、高校卒業後に先輩海女の勧めで久慈市漁業協同組合小袖支所「小袖北限の海女の会」に入会した。

その大向をNHK盛岡放送局が取材し、NHKで全国放送されると、大向はインターネットの日本語ウェブサイト上で「かわいすぎる海女」として話題になり、韓国語ウェブサイト上でも検索ワードランキングで4位になるなど話題になった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%90%91%E7%BE%8E%E5%92%B2

4月1日から放送が開始されているNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」。そのモデルとなっているのが岩手県久慈市ですが、海女のモデルとなっている人物は、あの「美人過ぎる海女」でネットで一躍有名になった大向美咲さんという事はあまり知られていない。

久慈市漁業協同組合小袖支所「小袖北限の海女の会」に高校卒業後入会し、常勤の海女さんとして働いた時に、テレビのニュースで取材された様子がNHKで放送後「美人すぎる海女さん」として一躍有名に。

美咲さんは2009年にNHKに新人海女として登場し、この映像がネットに広まると、アイドル顔負けのルックスと純朴なしゃべり方がかわいすぎると評判を呼んだ。

この人気ぶりに、大向さんは市の観光大使にも任命され、各地で開かれるイベント等にも駆り出されたりもした。TV、雑誌などの各メディアもこぞって彼女を取材。

「かわいすぎる海女」として人気沸騰となった岩手県久慈市の大向美咲さんが、海女を引退していた。

彼女は当時、職場での人間関係や有名になりすぎたことに悩み、翌年に海女を辞めてしまったという。

「私は、有名になるために海女になったわけではないんです。メディアに出るのも私が望んだことではなかった。観光振興になればと思って頑張ったんです」

――もう戻るつもりはありませんか?との問いに↑

そんな大向さんだが、「あまちゃん」の放送は楽しく観ているとのこと。

ちなみに海女への復帰については、ノーコメントだという。

海外でも人気に

動画もかわいすぎると話題に

美人すぎる海女さん画像

1 2






公式まとめ