1. まとめトップ

【残念】”安重根”ではなかった!!伊藤博文暗殺の犯人はロシア特務機関!

日本では”テロリスト”、韓国では”独立運動家”とされる安重根(あんじゅうこん)。彼は”親韓家”伊藤博文を暗殺したとされているが実際に彼は暗殺できたのか?捨て駒として犬死した可能性が出てきた。そして大手週刊誌『週刊新潮』も2013/12/5号で取り上げる騒ぎに・・・・

更新日: 2016年09月11日

80 お気に入り 475666 view
お気に入り追加

1909年10月26日 伊藤博文暗殺当日

伊藤博文(暗殺された当時枢密院議長)は満州・朝鮮問題に関してロシア蔵相ウラジーミル・ココツェフと会談するためハルビン(哈爾浜)に赴いた。

午前9時、伊藤博文は哈爾浜(ハルビン)駅に到着

車内でココツェフの挨拶を受けた後、駅ホームでロシア兵の閲兵を受けていた伊藤に、群衆を装って近づいた安重根の放った銃弾3発が命中、伊藤は約30分後に死亡した。

「 コレヤ ウラー!(Корея! Ура!)」(韓国万歳)

「 コレヤ ウラー!(Корея! Ура!)」ロシア語で大きく叫んだ。

伊藤博文の遺体から発見された弾と銃創が違う!

伊藤博文を絶命に追いやった銃弾は
JFKを暗殺した際の「魔法の銃弾と」同じで説明がつかない

安重根の銃は?

安重根が使用したブローニング拳銃はベルギーのFN社製のもので、拳銃の製造番号(262336)から、1906年9月8日に「クンフト社」に販売されたものであることが解っている

伊藤博文に命中した弾は?

ブローニング拳銃でカービン銃の弾を撃つことは出来ない。

安重根の発射位置は?

伊藤博文の体内に残った弾は?

伊藤がうけた右肩から斜下への傷である。

伊藤博文と同行した室田義文貴族院議員の証言

駅の二階の食堂からフランス騎兵銃で撃った者がある。・・・右肩から斜め下に撃つにはいかなる方法によるも二階を除いて不可能である。そこは格子になっていて斜め下に狙うには絶好であった

伊藤の随行員だった室田義文は『室田義文翁譚』に伊藤の体内から取出された銃弾は安重根が使用したブローニングの七連発拳銃のものではなく、フランス騎馬銃のものだったと記している。

検死結果、伊藤を死に至らしめた銃の弾道が上から下に向かっている。
つまり、暗殺者は伊藤よりも上方から射撃している。

1 2 3





sharpshootingさん



  • 話題の動画をまとめよう