1. まとめトップ

古賀洋吉さんが熱く語る「自分のビジョンを持つこと」について。

米ベンチャーキャピタルで活躍され、ドラクエ人生論や、すし太郎の記事でも有名な古賀洋吉さん。MBA受験生の相談に乗った際に熱く語った「自分のビジョンを持つこと」の重要さとその見つけ方について。

更新日: 2013年04月28日

kaji321さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
337 お気に入り 133962 view
お気に入り追加

古賀洋吉さんの経歴:

学歴: 高校時代の総合偏差値30台→奇跡的に明治大学に合格→奇跡的にハーバードMBAに合格(唯一の明治大学卒)

職歴: 日本では学生時代にベンチャー立ち上げと、新卒で戦略コンサルティング。シリコンバレーではモバイルベンチャー。ボストンではベンチャーキャピタルとカーシェアリングサービスの仕事。ふたたびシリコンバレーに戻ってベンチャーキャピタル。人の役にたつわくわくするようなイノベーションを世界に広げるのが僕の仕事です。

モットー: できなそうなことからやる。

趣味: 人生。

生きがい:何かをクリエイトすること。

引用 from 愛の日記(古賀さんの個人ブログ)

それでは、情熱溢れる熱い語りをどうぞ!!

基本的にMBA受験に関する相談は次の世代に任せる方針なのだが、今日はHBSの先輩からの依頼で相談に乗った。めちゃくちゃ優秀でしっかりした人。しかし、Why MBAはこのままでは落ちるので全部考え直しという事でお伝えしておいた。

非常に優秀な皆さんのMBAエッセイの方針にてよくある問題は、ビジョンがないことだ。「日本はこうあるべき。うちの会社はこうあるべき。おれはこう成長すべき。だからMBA」そんなの全部、当たり前なんだよ。なんでそれが自分にとって重要なんだよ。どういう風に死にたいんだよ。

実は、ほとんどの人はビジョンをもっている。そのビジョンが、何らかの普通ではない実績につながっている。だから評価されている。しかし、自分では自分のモチベーションを生み出したビジョンに気づいていない事が多い。

ビジョンというのは多くの場合において子供のときから変わらない。子供の頃絵を書いて人にあげるのが好きだった人は、大人になってエレクトロニクスの設計をするのが好きになるかもしれない。「自分が作った自分らしいものが人の手の中で喜ばれ残される、そんな人間でいたい」というビジョンは不変。

でも、「自分が作った自分らしいものが人の手の中で喜ばれ残される、そんな人間でいたい」というビジョンはサラリーマンをやってると忘れる。いつの間にか会社のビジョンと混同する。何か違和感を感じたまま生きる。なぜか。自分にはビジョンがあるからだ。でもそれが何かわからないし思い出せない。

この場合は、「自分が作った自分らしいものが人の手の中で喜ばれ残される、そんな人間でいたい」というのがビジョンだ。それが本気ならば類まれなる仕事上のパフォーマンスにつながる。それが本気ならばでっかい夢をぶちあげる事につながる。

「自分が作った自分らしいものが人の手の中で喜ばれ残される、そんな人間でいたい」それが本気であり、そういう事に取り組んだときの自分にすごい力があった事を覚えているならば、その瞬間のポテンシャルが続けば実現できるであろう、精一杯大きな夢を描け。

「うちの会社にはこういう事ができない、こういう人材がいないからMBA」とか、何を言ってるんだ。会社の弱点が満たされてふつうになりました、それが何だというのだ。そんなのどの会社でも重要だ。そんな問題点だれでも指摘できるわ。何かが君を突き動かしたときがあるだろう。まずそれを思い出せ。

何か情熱をもって取り組んですごい事をやったことが一度ぐらいあるだろう。なぜそんな事をした。なぜそれが重要だった。なぜあきらめなかった。なぜ他の人にはできないのに自分はできた。何が自分と他人の違いを生み出したのだ。何がその本質にあった情熱なんだ。何がビジョンなんだ。

自分を突き動かした瞬間の自分をもう一度つれてこい。そいつはすごいやつだ。そいつならすごい事ができる。すごいポテンシャルがある。どうでもいい事をしようとするからそいつは帰ってこないんだ。自分にとって大事な事をやるしか、その力を戻す方法はない。しかしそれはできる。自分を知る。

「日本経済は問題だ」「うちの会社はグローバルじゃない」「自分にはリーダーシップがない」。知るかそんな事。MBAなんていいんだよ。どう死にたいんだ。何をする気なんだ。もっと大きく考えるんだ。

すごかったときの君はすごい。そこの部分においては相当すごい。他の部分はすごくなくてもそこはすごい。ならばそのすごさならば実現できる無理そうな夢を描くんだ。その力があることはすでに証明されている。サラリーマンやってるから忘れただけだ。

自分の輝いてる瞬間を思い出すのだ。なぜ輝いていたと思うのだ。なぜ誇りに思うのだ。掘り下げろ。理解しろ。自分は誰だ。なんで他の人と違うんだ。何が君のビジョンなんだ。

「うちの会社はグローバルじゃなくて」そんなスケール小さい話、知らんよ。会社みたいな小さい単位でモノを考えてるからどんどん小さく考える事になるんだよ。自分は誰なんだ。何ができるんだ。どう役に立てるんだ。何が夢なんだ。

君はすごいんだよ。いつもはすごくないけど。でもすごいときもあったでしょ。そのすごさを精一杯伸ばして、その両手いっぱいで抱えられないぐらい、無理そうな夢を言ってみろよ。

実現できなくてもいいんだよ。失敗するリスクが高いものだけを夢とか可能性というんだよ。でも君がどういう風に生きたら幸せに輝けるかは誰にも変えることはできない。それが君らしい生き様だからだ。その輝きを伸ばそうともがく姿なくして、MBAもクソもあるか。

そのだれが言っても正しそうなプランはダメだ。そんなもん、君の人生じゃなくて他人の人生の話だから説得力があるんだよ。もう一度自分が誰だか考えて、魂こめて帰ってきてくれ。話はそれからでしょ。

全てを出し切ったのか、一息つく古賀さん。

・・・っていう話をしてきて帰ってきたので、そろそろみかんを食べる、と、そういう話です。

ちなみに・・・

僕はここ16年、お酒を一滴も呑んでません。笑 RT @shimotsuki08: 古賀洋吉さん(@yokichi )が、ビジョンについて超アツくツイートしていて、とっても刺さったので連投リツイートしまーす(…呑んでるのかな?)。

シラフでした(笑)

なんか @yokichi がシラフで熱く語っていたので、暇だったからさくっとまとめてみた。ちなみにNAVERまとめ初めて使ったー!! bit.ly/11LAKg4 古賀洋吉さんが語る「自分のビジョンを持つこと」について。 - NAVER まとめ

すいません(笑)

その熱さにヤケドする人が続出・・・

熱過ぎてヤケドしました。“RT @kaji321: なんか @yokichi がシラフで熱く語っていたので、暇だったからさくっとまとめてみた... bit.ly/11LAKg4 古賀洋吉さんが語る「自分のビジョンを持つこと」について。 - NAVER まとめ”

今日の一連のツイートは最高にしびれました! RT @kaji321 bit.ly/11LAKg4 古賀洋吉さんが語る「自分のビジョンを持つこと」について。 - NAVER まとめ

1 2 3





カジケンと呼ばれています。

blog: http://kajikenblog.com
twitter: http://twitter.com/kaji321



  • 話題の動画をまとめよう