1. まとめトップ

<きゃりー美術装飾>増田セバスチャンが「カラフル」にこだわるワケ

きゃりーぱみゅぱみゅの美術監修、原宿のショップ「6%DOKIDOKI」のプロデューサーを務める増田セバスチャン。彼の独特なカラフルな世界観のこだわりを紹介します。

更新日: 2013年04月29日

buttercup_nnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
46 お気に入り 28775 view
お気に入り追加

*NHK課外授業「ようこそ先輩」に増田セバスチャンが登場

4月26日に放送されました。
テーマは「カワイイでつくる幸せのカタチ」。

*増田セバスチャンとは?

日本のカワイイカルチャー、リアルな原宿カルチャーの第一人者

*きゃりーぱみゅぱみゅの美術装飾を担当

きゃりーぱみゅぱみゅのアーティストデビュー時から美術演出や世界観作りを担当しています。

増田セバスチャンなどが手がけた
ライブやイベントなどで使われた歴代衣裳と
その世界を彩るステージセットや小道具/大道具も展示。

きゃりー独特のポップな世界観、
想像を超える奇抜な衣装が人気を集めています。

PVだけでなくライブまで。
現在開催中のきゃりーぱみゅぱみゅの
ワールドツアーの美術監修も担当しています。

*原宿のショップ「6%DOKIDOKI」のプロデューサー

1995年にオープン。
ショップコンセプトは「センセーショナル・ラブリー」。「衝撃的なカワイイ」「度をこえたカワイイ」「可愛すぎるモノ・コト」を意味しているそうです。

*授業のテーマは「カワイイでつくる幸せのカタチ」

教科書や楽器・スポーツ用具など、子どもたち一人ひとりが
「苦手だな」「嫌いだな」と感じているものをカラフルで
カワイイものへと変身させていきます。

課外授業ようこそ先輩の増田セバスチャン。「嫌いなものを色の力で好きになる」私もピンクの跳び箱だったらもっと跳べたかも。先週の又吉と同じ感想だ。セ「教えに来たんだけど教えられた」

ようこそ先輩の増田セバスチャン(きゃりぱみゅなどを手掛けるAD)の回良かったぁ…予め派手に飾り付けておいた校長室に足を踏み入れた時の子供の嬉しそうな顔☆リラックスしている子供を見て嬉しそうな校長♪校長室をデコるっていう発想も含めて感動したわ…

*増田セバスチャンが「カラフル」にこだわる理由

決して順風満帆とはいえなかった人生のさまざまな場面で、
“カラフル”に助けられた。

自伝『家系図カッター』では、衝撃的な家庭環境や
6%DOKIDOKIも創業時代は豆腐一丁も買えないほど極貧だったという
波瀾万丈の人生が綴られています。

幼い頃耳が聞こえず、
頼るべきは形、そして色のみだった。

*「カラフル」が持つパワーとは

「色」には、心を明るくし、元気や勇気をもたらす不思議なチカラがある。

1 2





buttercup_nnさん

むしゃむしゃもぐもぐ

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう