1. まとめトップ
  2. おもしろ

ファンタジーに出て来そうな生き物集

ワクワクしますねw

更新日: 2016年05月14日

yaki_nasuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
734 お気に入り 304404 view
お気に入り追加

2016/5/14 更新

スズメ目フウチョウ科に分類される鳥類の一種。パプアニューギニア東部の熱帯林に生息。26cm。
オスはその美しい見た目で知られる別名「極楽鳥」とよばれるフウチョウの仲間です。美しい見た目はメスを惹きつけるためで、繁殖期になるとオスはメスに求愛ダンスをします。
本種のオスは翼を広げてマントのように体を包み、メスの前で求愛ダンスをします。

1999年、中央インド洋の深度2km以上の深海に広がる熱水噴出域で発見された。噴出域の水は硫化物と金属の濃度が高く、ウロコフネタマガイはこれを鱗に取り込んでいる。鉄の鱗を持つ生物の発見として注目された。その鱗の様から俗にスケーリーフットとも呼ばれる。後生動物の中で唯一、骨格の構成成分として硫化鉄を用いる生物として知られている。
かれらは本来非常に特殊な環境に生きる生物だ。熱水付近の海中は溶存酸素量も少ない。これを普通の海水に移してしまうと、水と酸素と鉄分が結合し錆びてしまう。

タカ目タカ科に属する鳥類の一種。 本種のみでオウギワシ属を形成する。英名ハーピーイーグル。
大型の猛禽類。平均的な雌は全長100cm、翼開長200cm、体重7.5kg に達する。雄は雌より小型で、体重は4.75kg 程度。爪の長さは13cm もある。
熱帯雨林に生息する。

19世紀前半に誕生したハンガリー固有の、希少種の豚である。2004年にはハンガリーの国宝に指定されている。
全身がカールした毛で覆われているため、別名「ウーリーピッグ(羊毛の豚)」とも呼ばれている
一般の豚肉よりも霜降りの率が高い。また肉の色が赤褐色で濃く、牛肉に良く似た肉質である。
またコレステロールの原因となる飽和脂肪酸の量が少ないためヘルシーで、消化にも良いとされている。

中国チベット高原を原産地とする超大型犬。その名が示すように俗にチベット犬とも呼ばれる希少種である。
体高66cm、体重64~82kg。主人への忠誠心が強く、外敵に対しては勇敢に戦う犬種である。そのため番犬、護衛犬、猟犬に優れている
19世紀初めにチベットではほとんど絶滅したが、イギリスの飼育業者が興味をもって飼育し、ジョージ4世が2頭所有していた。
チベタンマスティフは希少種ゆえ、価格も驚くほど高額です。その金額は100万~数億円とも言われています。

東南アジアに分布する、非常に変わった形態のナミヘビの一種です。
体色は紫がかった灰色で、ヤスリの目のような細かい鱗に覆われていますが、背面に非常に大きな鱗からなる3本のキールが発達しています。
標高1000m以上の水辺に生息し、5-10cm程度の地中で生活していると言われています。
無毒

つぶらな瞳がかわいい

アフリカ南部に生息するヒメガエル科の地中性カエルです。
乾燥した土壌の草原や森林に生息していますが、ほとんど土中に深く潜っていて、雨が降った後などに地表に出てきて活動をします。
オタマジャクシは卵の中で成長し、カエルになってから卵の中から出てきます。

出典prcm.jp

ハエ目(双翅目)ツリアブ科に属する昆虫。
1991年を境に確認例が途絶えていたが2005年にインターネット上に写真が掲載されたことで大きな反響を呼んでいる。現在も数が激減している。
主にユーラシアに分布する。日本国内には岡山県で多くみられ、特に瀬戸内沿岸丘陵、山地の一部に限られている。

どことなく妖精っぽい

残念ながら動画が見つかりませんでした・・・

ヨタカ目タチヨタカ科Nyctibiidaeの鳥の総称。この科は1属5種よりなり,メキシコからブラジル,パラグアイまでの熱帯アメリカと西インド諸島に分布する。全長40~50cm。

アオミノウミウシは浮遊性のウミウシの仲間で、クリオネ (ハダカカメガイ) と同じようなものです。
アオミノウミウシは鰭が複雑に分岐しており鳥の翼を彷彿させますし、色もゴージャスなため、アップで見るとちょっと怪物っぽく見えてしまいます。
アップで見ると確かにそうなのですが、クリオネ程度の大きさしかありませんし、実際はきれいでかわいいものです。

本種の主食は猛毒のカツオノエボシやギンカクラゲなどである。本種はカツオノエボシなどを摂食した際、取り込んだ刺胞を鰓突起先端に貯蔵しており、不用意に触ると刺される事があるので注意が必要。(手の上に本種を乗せている写真を見る事があるが実際あぶない)

1 2





yaki_nasuさん

茄子クラスタ

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう