1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

遺体のようなものが見つかる…愛知・黄柳野高校の寮火災

2013年5月8日、愛知県新城市の全寮制高校・私立黄柳野高校(つげのこうこう・辻田一成校長)の男子寮から出火、寮は全焼しました。この火災で静岡県出身の生徒一人と連絡が取れていません。

更新日: 2013年05月10日

あちこすさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 49664 view
お気に入り追加

●愛知の全寮制高校の寮で火災が発生

午後5時40分ごろ、愛知県新城市黄柳野の私立黄柳野高校(辻田一成校長、生徒150人)から、「学生寮の2階から炎が出ている」と119番があった

火災報知機が鳴り、生徒が「煙が上がっている」と職員に伝え、女性事務員が119番した

黄柳野高校は、全国から不登校などの問題を抱える生徒らを受け入れる全寮制高校。1995年4月に、市民からの寄付で開校した。生徒数は現在150人で、このうち143人が寮生活をしている。

YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://p.tl/EzMy

●男子寮が全焼

敷地内にある木造2階建ての男子寮(延べ約600平方メートル)が全焼し、隣の棟にも延焼

男子学生寮C棟から出火。隣接するB棟に燃え移り、ともに木造2階建て延べ600平方メートルの寮2棟を全焼

火災現場の様子。

出火当時、寮や同じ敷地の校舎、校庭などに男女137人の生徒がいた

●連絡の取れない2年生の男子生徒

出火した棟に住む静岡県掛川市出身の2年生男子生徒(16)と連絡が取れていない

Photo by Jupiterimages / Photos.com

連絡が取れない男子生徒は、出火の10分ほど前に女子生徒と携帯電話でメールのやりとりをし、食堂付近で目撃されていた

9日午前1時前、焼け跡から遺体のようなものが見つかり、搬送された

愛知県警新城署は男子生徒が火事に巻き込まれた可能性もあるとみて遺体の身元確認を急いでいる

●全校生徒は実家に帰宅させる方針

同校は授業を当面中断し、全校生徒を実家に帰宅させることを決めた

▼辻田一成校長
「誠に申し訳ございません。行方不明になっている生徒のことで頭がいっぱい。とにかく生きていてほしい」

●2012年にはボヤ騒ぎがあった

Photo by Hemera Technologies / AbleStock.com

2012年11月ごろ、男子寮で生徒が瞬間湯沸かし器を使用したことがきっかけでショートし、ぼや騒ぎが起きていた

たこ足配線が原因だったとみられる

●2009年には喫煙室を設置して話題に

1 2






  • 2014年をまとめてみた