1. まとめトップ

【朗報】一瞬で鼻詰まりを解消する方法【花粉症・風邪などに効果抜群】

つらい鼻詰まり。花粉症や風邪などで悩んでいる方も一度お試し下さい。

更新日: 2015年07月25日

8spede8さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
865 お気に入り 2439736 view
お気に入り追加

花粉症の人、風邪やその他アレルギーなど、鼻づまりに悩むことは誰にでもあります。

集中力を欠いてイライラしたり、睡眠の質の低下など、生活に大きな支障が出ますが、鼻づまりを治す方法を検索しても、お風呂に入れだの、薬を飲めだの、面倒なわりに決め手に欠けるものばかり。

そこで、いち早く、簡単な鼻づまりの治し方というものがありましたので、ご紹介。

▼鼻づまりを治す6ステップ▼

ステップ1:深く息を吸う。
ステップ2:吐く息がなくなるまで、ゆっくりと息を吐く。
ステップ3:鼻をつまむ。
ステップ4:頭を上下にゆっくりと動かす。空を見て、地面を見るまで2秒くらいのスピードで。
ステップ5:これをもう息が必要という、ぎりぎりのところまで続ける。
ステップ6:鼻づまりが解消した、空気の通う鼻呼吸を楽しむ。

実際には6ステップどころか5ステップで完了しているというシンプルさです。
どこにも行かずにその場で出来るのがありがたいところです。

*個人差やコンディションによる差はあります。
 
 しかし結構スッキリできたという人も多いのでは?

実際に効果を実感でき、非常に助かりました。

▼脳を欺き鼻腔を開いて治す、鼻づまりの対処法▼

まず息をゆっくり吐く。

次に息を深く吸った後、引き続き吐く息が途絶えるまでゆっくり吐く。

鼻をつまんで息を止め、ゆっくり2秒かけて空を見て、さらに2秒かけてゆっくり地面を見る。

すると不思議なもので、一時的にではありますが、鼻づまりが治っていくのがわかると思います。

▼体を動かすことで、鼻づまりを治す▼

比較的効果の出やすい運動として、腕立て伏せがお勧めです。

腕立て伏せにより、上半身の体温を上昇させることで、鼻づまりが緩和します。

▼丹田呼吸法▼

おへそよりやや下の部分(丹田)に意識を当て、下腹部を凹ませた状態を1分間持続させます。

これにより、鼻づまりで口に頼りがちだった呼吸が、あっという間に鼻呼吸に早変わり。嘘のように鼻が通り、イライラ解消にも繋がります。

効果

お手軽なものから順に紹介。
①つぼを押して鼻づまりを治す(効果△)
②温めることで鼻づまりを治す(効果◎)
③呼吸法で鼻づまりを治す(効果◯)
④脇にものをはさんで鼻づまりを治す(効果◯)
⑤軽い運動で鼻づまりを治す(効果◎)
⑥うまく鼻をかんで鼻づまりを治す(効果△)
⑦鼻腔拡張テープで鼻づまりを治す(効果△)
⑧アロマで鼻づまりを治す(不明)
⑨うがいで鼻づまりを治す(不明)

素晴らしい情報を提供しているサイト様

▼生活に役立つ情報まとめ

1





ストックとしてまとめたものを皆様と共有出来ればと思います。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう