1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

転職・就活する際に見ておきたい・・・販売職に必要な適性&スキル

転職や就職活動等をするときに・・・販売職を選ぶ方も多いかと思います。適性や持っておいたほうがいいスキルなどのことについてまとめてみました。参考になれば幸いです

更新日: 2013年05月11日

alive1984さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
584 お気に入り 70970 view
お気に入り追加

・ 消費者のニーズに応える販売職

「販売職」とは、主に自社製品や取扱商品を直接消費者に販売する仕事です。

日々・・お客様に安全かつ信頼できる商品を売っております

「販売」とは主にエンドユーザーである消費者や利用者に対して商品を販売したりサービスを提供します。

画像はイメージです

キャリアを積んでマネジャーなどの管理職、バイヤー、プレスなどを目指すパターンのほか、最近では販売のスペシャリストとして現場で働き続ける人も増えている

更なるステップアップを目指し、日々精進している従業員の方々も多いということです。

販売職はどんな部類がある?

スーパーの店長(将来の候補含む)、百貨店・スーパー・小売店の販売員、ガソリンスタンド販売員、卸売販売員、

・ 販売職の適性と心得

画像はイメージです

適性

販売職は、やっぱりいつもニコニコしてる人。社交性のある人ですかね。

営業職と似て聞き上手、話上手、その場の雰囲気に対応する能力がある人が良いといわれております。また第1印象も大切です。

心得とは

・魅力的な笑顔を作る
・人付き合いを広める
・挨拶
そして、人間を磨くことが一番のポイントです。

これはとても重要。営業職と似ている部分もあります

「声の大きさに留意する」「”ながら”挨拶をしない」

接客する際は声のトーンを調整しつつ、挨拶をするときはキチンと止まってお客様の方向を向き挨拶することが重要

「お客様が今何をして欲しいのか、自分がお客様だったらどうして欲しいかを常に考えて行動すると、ほとんどの事はうまくいく」

販売員になったらお客さまのニーズに応えることが大切です。自分がお客様の気持ちになり接し行動することが良いといわれております。消費者目線になるということです

お客さまに好感を持っていただけるようになるには、何と言っても”笑顔”で挨拶をすることです。

挨拶と笑顔はコミュニケーションをとるためにかかせいポイントです。

店頭では、来店客の表情から気持ちを読み取り、タイミングを見て声をかける

お客様の表情をみて、迷っていたり、困っていたら声をかけることが大切です

・ 販売員になるために覚えておきたい基本 3スキル

1、コミュニケーション能力スキル

販売にとってコミュニケーションはとても重要と言われております。


コミュニケーションが苦手という方も改善・打開するために販売職について・・改善できたという方も中にはいるかと思います。

販売の仕事をするうえで、何よりも必要なスキルはコミュニケーション力です。良好な対人関係を築くことができるかどうかは、非常に重要なスキルです。

まず・・・対人関係の良好を築くためにもコミュニケーション能力はとても大切です。ましてやお客様・利用者を相手とする職業柄のため

2、販売商品説明スキル

販売する商品の説明をできることはとても大切です。

できることによりお客様からは好感をもってくれるようになります。安心・信頼を与える従業員になることは間違いないでしょう

販売する商品についてとことん説明できる
能力を身に付けることです。

これはできないと駄目ですね・・・自分の得意とする分野の商品に関してはこれでもかといわせるぐらいの能力を身につけることが大切です

3、トレンドに敏感・収集能力スキル

トレンドを常に取り入れ、どの年齢層のお客様とも相手にできるオールラウンダー的存在になるのも大事です。

自分にとって相手にとって有益になる情報などの交換も接客をしていくうちに見についていくということです

1 2





主に海外ニュースを中心にまとめ記事を作成しています。

その他ざっくばらんにまとめ記事を作っていたりと・・臨機応変にやっていますので宜しくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう