1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

あなたをレベルアップ!怒りを上手にマネージメントする方法

怒りは、突然やってくることがあります。その時、感情的に怒っても、いいことはなにもありません。それどころか、後で後悔することになります。怒りを上手にマネージメントする方法をまとめます。

更新日: 2013年05月23日

seniorさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2662 お気に入り 184481 view
お気に入り追加

人は、突然、怒り出すことがある

怒りは感情ですから、突然やってくる場合もあれば、怒ろうとすると、不意に激しくなったりもします

● 頭にきたらひと呼吸置いてみる

距離と時間を取れれば、より良い対応を練るのに役立ちますし、怒りを和らげられるかもしれません

リンカーンが、怒って書いた手紙をすぐ投函せず、机の引出しにしまって、一夜寝かせる話を、本で読みました

翌朝、読み返してみると、感情的なひどい言葉だらけなことに気付いて、書き直した

怒る時は、冷静に怒りを表現する

呼吸を整え、気持ちを静める。表現するにしろ、怒りをむき出しにした言い方は、相手を攻撃して、強い反撃を受ける

● 予想できる場合は、あらかじめ準備しておく

自分ひとりでは出向かずに、第三者を連れて行きましょう

第三者がいると、理性が働き、感情のコントロールが可能になる

カッとなりやすい「場面」に向かう前には、起こりうる状況を想定し、それに備えて計画を立てます

● 「許せない」 ハードルを上げてみる

本当に、あなたが全て正しいのでしょうか?

人は皆いつも100%ではない。相手の事情も斟酌する

わがままにちょっとだけなっても構わないですよ。そうすると、他人に対するいらっとする感情のハードルが低くなる

「自分は間違いだらけ」と思ってみましょう。そうすればイラッとくるよりも前に、現状をきちんと把握したいと思うのが先でしょう

怒りは後に自己嫌悪を引き起こす

腹立ちまぎれに言ってはいけない一言を、大声で言い返してしまった私は、強いショックを受け、それが今も消えないのである

● 体調を認識する/ストレスをためないようにする

『風邪気味だな』、『睡眠不足だ』と認識すれば、怒りの感情を理性にスイッチさせることができる

体調が悪いときや、おなかがすいているとき、眠いときなどは自律神経がバランスをくずしやすいので怒りやすくなります

1





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

seniorさん



  • 話題の動画をまとめよう