1. まとめトップ
  2. レシピ

自宅でできる美味しいアイスコーヒーの作り方

キリッと冷えたアイスコーヒーが美味しい季節がやってきました。自宅でできる美味しいアイスコーヒーの作り方を紹介します♪

更新日: 2013年05月14日

5624 お気に入り 846772 view
お気に入り追加

夏になるとアイスコーヒーが恋しくなりますね。
スタバやタリーズなどの専門店に負けない美味しいアイスコーヒーを、自宅で作る方法を紹介します。

用意するものは3つだけ

粗挽きコーヒー豆

アイス専用又は深煎りローストがオススメです。
ホットコーヒーをいれる時よりも焙煎度が深めのコーヒーがいいです。

水道水、またはミネラルウォーター

ミネラルウォーターを使う場合は、軟水がオススメです。
軟水はミネラル成分が少ないので、水の個性がコーヒー成分に影響を与えにくくなり、コーヒーそのものの特徴が出やすくなります。

ドリッパー(ペーパーフィルター)

大きめのペーパーフィルターを用意しましょう。

美味いコーヒーは“コレ”を守れば作れる

コーヒーをいれる直前に豆を挽く

コーヒーは、粉に挽くと空気との接触面が広がり酸化が進みやすくなります。
抽出する直前に粉に挽くことが美味しいコーヒーを淹れるコツです。

引き終わったら、中に残った微粉をできるだけ混ざらないように注意しましょう。

コーヒー20gに対しお湯180mlという割合にする

通常(ホットコーヒー)の2倍の量を入れることがポイントになります。

沸騰直後のお湯は使わず、火からおろして20~30秒待つ

コーヒーの風味を最大限に引き出せる温度は90~96℃。
高温過ぎると、えぐみが出てきてしまうため注意しましょう。

準備完了!アイスコーヒーを作ろう

ポイントをおさえたら、さっそくアイスコーヒーをつくりましょう。

【1】フィルターペーパーに粗挽きコーヒー豆を入れる

※この時に、ドリッパーの中に、氷を入れておきましょう。

ポットの1/3(約200g)くらいまで氷を入れます。

【2】中心から円を描くように湯を注いで全体をしめらせ、1分ほど蒸らす

お湯を直接フィルターにあてないように注意しながら注ぎましょう。

【3】蒸らし終わったら、お湯を3~4回に分けて、静かに注ぐ

フィルターふちまでお湯を一気にムラなく注ぎます。
ホットコーヒーを作る時よりゆっくり丁寧にドリップすると美味しくなります。
※溶けなかった氷は無理に溶かさず、捨てましょう。

【4】氷を入れたグラスに注ぐ

出来上がったアイスコーヒーをそれっぽいグラスに注ぎましょう。

こんな感じで注ぎます。

美味しいアイスコーヒーの出来上がりです。
ミルクで割ってアイスカフェオレにしても美味しいですよ♪

参考サイト

1





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

学びや直球さん

バラエティや恋愛ドラマ、読書が大好きです♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう