1. まとめトップ

【拡散】ドンキで購入したカラコンでのトラブルとその反応【炎上】

ドンキで購入したというカラコンを着けたため失明しかけたユーザーによるツイートとその反応。使い方には一切触れずあくまでも製品が悪いと主張!!!!!! 2013/6/14 経過追記

更新日: 2015年03月29日

aphroditeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
70 お気に入り 1151752 view
お気に入り追加

現在9050RT (2013年)

ドンキのカラコンで最近トラブルが多いんやって 私も目痛くて病院いったらこのまま付け続けてたら失明してたってゆわれたし、ほんとにカラコン愛用者は気をつけてください ちなみに私の使ってたカラコンはこれです pic.twitter.com/ssi0lJvH68

ツイ主が使っていたとされるカラコン

■入数:2枚
■使用期間:1ヶ月間
■色:Black Onyx(ブラックオニキス)
■タイプ:再生使用可能な非視力補正用コンタクトレンズ
■PWR(度数):±0.00
■BC(ベースカーブ):8.60mm
■DIA(直径):14.5mm
■含水率:38.5
■製造国:韓国
■医療機器承認番号:22300BZX00248A10

本当に製品に問題があったのか?

ツイ主は説明書どおりの使い方をしたのか触れていませんが、これだけ世の中に出回っているレンズで製品に不具合があるとなると品質に問題のある不良品として回収になるのではないでしょうか?
実際に不具合があるのかどうかはパッケージ写真だけでは判断できませんが(もし製品に問題はなくユーザーの不適切な使用によるものだったらドンキにしてみたらとんだ風評被害)、製造元やカスタマーサービスにきちんと詳細を連絡せずにツイ主がネットに拡散させたのだとしたらモンスター客といわれても仕方がないでしょう。

ついにドンキから声明が!!!

ドン・キホーテは、「高度管理医療機器」として厚生労働省の承認を受けたカラ
ーコンタクトのみ取り扱っており、販売に際しては、都道府県知事から販売業
の許可を受けて販売管理者を設置し、販売を行っております。お買い求めの際
は、店頭の専門スタッフから商品特性や取り扱いの説明を受けてください。ま
た、当社のカラコンオンラインショップをご利用の場合は、「知っていますか?
カラコンのこと!」に記載されている事項を必ずご確認ください。

結局どうーなったのよ(2013/6/14追記)

事件発生からほぼ1ヶ月近く経ちますが(6/14)、リコール・回収情報を取扱っているサイトでは、特に製品不具合で回収になった様子もなさそうです。
ツイ主もパッケージ写真しかうpしないので、製造ロット(商品を識別するために記載されている英数字の番号)も分からないし、病院に行ったということを裏付けるもの(診断書とか)も一切なし。
工場で生産されているわけですから、製品自体に問題があったら同じ工程で作られた同ロットの商品も同様の不具合があるでしょうし、その方が他のユーザーへの注意喚起の効果は高いはずだと思うのですが・・

結局使い方に問題があったのか、いわゆるステマによる「ネガティブキャンペーン」というやつだったのかは分からず終いです。

投稿写真と共に新たな風評が(2013/8/11追加)

このカラコン色落ちするから気ぉつけなはれや! pic.twitter.com/NyurqfmmGe

投稿者は写真削除済み

他人の写真を使って注意喚起するユーザーも(2013/8/31追加)

みんな ドンキのパラカラのカラコン まじやめたがいいよ こすったらこんな色落ちたらし! あすもパラカラで両目傷ついたし がち安いけどやめたがいい pic.twitter.com/FKLG3gZXPs

オリジナルはこちら

ドンキのパラカラってカラコン使ってる人!綿棒でこすったらこんなに落ちたんで気をつけてください pic.twitter.com/D8fCcUwuKl

根拠のない風評が新たに拡散(2013/10/14追加)

【拡散希望】私が使ってたカラコンが危ないと聞いて本当かなと思いカラコンを綿棒で擦ってみたら色が写真のように取れました。これを使っていると失明するかもしれません、危険です。これ使ってるもしくは買う人に知らせたいです。拡散お願いします。 pic.twitter.com/DMdbao4qF6

「失明するかも」といいながら「危険です」と断定しているところに根拠のない噂を流し、著しく商品イメージを損なっているという自覚はなさそうですね。正義感にまかせて拡散させたい心情もわかりますが、メーカーから営業妨害・信用毀損にあたると判断されないことを祈るばかりです。

それでも疑問は残る

(1)「紙やすり」でもなく「ティッシュ」でもなくなぜ「綿棒」なのでしょうか?
(2)コンタクトレンズのケアに「こすり洗い」をするのはコンタクトレンズユーザーにとって当たり前のことですが、「指洗い」ではなく綿棒でこするのはどうしてなのでしょうか?色が落ちるのではなく、意図的に色を落とそうとしている?
(3)レンズケアして再使用するマンスリーはともかく、1日着けたら捨てるワンデータイプでこすり洗いをするのはどうしてなんでしょうか?洗って再使用するのは禁止なのでは?
(4)リコールになっていないことから判断すると、製品そのものの不具合というよりは不適切使用ということではないのでしょうか?

そもそもカラコンの基準に「綿棒で強くこする」という試験方法はない

正規に承認を取得している業者は、カラコンについて、品質、有効性、安全性の審査を受け、国の承認を得ています。
審査対象には、国内、海外の製造所の品質管理体制も含まれます。
承認を得たカラコンには、「承認番号」が付されます。
大手量販店で販売されているものは、すべて承認品ですので、商品には承認番号の記載があります。

確かに、不良品が混ざっている可能性は否定できませんが、ドンキで売られている製品は、国が審査をして承認している製品(高度管理医療機器として国の承認を得ているもの)であることをご理解ください。コンタクトレンズの基準には、綿棒で強くこするという試験方法は規定されていません。皆さんがそれぞれに、まちまちにこすれば、中には色落ちするものも出てくるでしょう。その“試験”方法が妥当であるかを考えていただく必要があります。

ネガティブキャンペーンとは

ネガティブキャンペーンてのはよくアメリカの大統領選なんかで聞く言葉だけど、意味としては

"選挙などで対立候補のイメージを落とすような宣伝、広告のこと。 対立候補を貶めることによって、相対的な自分のイメージアップを狙って行なわれる"

というもの。

TVでCMバンバン打ってる資金力ある大手が仕掛けてるんじゃん?

1 2 3 4 5





aphroditeさん

できるだけ正確なソースの引用をこころがけたいです。



  • 話題の動画をまとめよう