1. まとめトップ

すぐ出来る!ダーツ初中級者がスコアを伸ばすためのコツ

「友人とダーツバーに行く流れに…あんまりダーツやったことないんだよなぁ…」でも大丈夫。基本とコツさえ押さえておけばそんなに怖いことはありません。ビギナーズラックで高得点が出るなんてことも…?

更新日: 2013年05月23日

Bootanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2029 お気に入り 636425 view
お気に入り追加

「カウントアップ」では的の左下を狙う

カウントアップとは1ラウンド3本のダーツを投げ、それを8ラウンド繰り返して合計点を競う種目。

最もポピュラーであり、500点が初心者の当面の目標となる事が多い。

高得点となる20のトリプルを狙うのが基本ですが、初中級者はあえて左下を狙うのもアリ。

的の左下は得点が平均しているため、大きくスコアが崩れない。

利き目を知ってズレを無くす

【利き目の調べ方】
片手で輪を作り、遠くの目標を輪に入れる。片目ずつ目を瞑って目標とのズレが無いほうが利き目です。

利き目と利き腕が同じであれば目・腕・的が一直線になりやすく、ズレが無く的を狙うことが出来る。

利き腕と利き目が違う場合は、顔の位置をズラすなどして目と腕が一直線になるように工夫した方が良い。

パイプにダーツを通すイメージを持つ

利き目を意識してパイプをずらさないのも大事

目標までに放物線のパイプをイメージし、3等分したパイプの真ん中に通すイメージをする。

狙っている場所を終着点とするのではなく、中間部分を通すようなイメージをもって投げる。

実際は結構山なりで飛んでいる

画像は170センチ女性が真ん中に命中させた場合
投げ始めは結構上方向に飛んでます。

矢の軌道を正しくイメージ出来ていないと矢が届かないため、力いっぱい投げることになってしまう。

矢速が早い・身長が高い男性は図の赤点よりも下に投げるイメージ

意識しておきたい投げ方のコツ

力みを無くしてゆったり構えよう

ダーツは強すぎず、ダーツの重さを感じるくらいで持つのが理想的。強く握り過ぎるとフォームが崩れやすい

持ち方や投げ方などを固定することが重要で、一回一回投げ方が変わるのは絶対に良くない。

腕を振り子のようにして自然に投げるのが良いとされている。

動画のお手本をマネしてみよう

肩と肘を地面に構え、最後にはしっかりと手首が伸びています。

投げ終わりでは指先をターゲットに向けるようにすると、安定したフォームになるとの事

参考サイト

1





Bootanさん



  • 話題の動画をまとめよう