1. まとめトップ

重曹よりすごい!と噂のセスキ炭酸ソーダを使った簡単掃除・洗濯術☆

エコ洗剤で有名なのが重曹。セスキ炭酸ソーダはその重曹の10倍の洗浄力を持っているスーパーエコ洗剤です。重曹で落ちなかった汚れもセスキ炭酸ソーダで落ちるかも。セスキ炭酸ソーダを使った簡単にできる掃除・洗濯のやり方を集めてみました。これで毎日色んな汚れが簡単に落とせます☆

更新日: 2013年06月21日

minomamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2090 お気に入り 1309881 view
お気に入り追加

★セスキ炭酸ソーダって何?

重曹ににている白い粉。
サラサラした結晶状で、常温で長期間保存しても変質しません。

セスキ炭酸ソーダは、重曹では落とせない、油や血液汚れも落としてくれる上に、環境にも優しい魔法の粉。

重曹に比べて水に溶けやすく、また、アルカリの強さがほどほどなので、洗浄力があるのに手荒れの心配が少ない

汚れを落とすパワーは重曹の10倍です。

重曹と炭酸塩のちょうど間のセスキ炭酸ソーダ(ph9.8)、別名アルカリウォッシュ

重曹はph8.2、炭酸塩はpH11.2。
炭酸塩の方が汚れは落ちやすいですが、手あれの心配があるので
セスキ炭酸ソーダがおすすめというわけです。

★セスキ炭酸ソーダの得意なこと

水に溶けやすく弱アルカリ性

重曹を水で溶かしてスプレーにすると、固まってスプレーできなくなります。
でも、セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいので、スプレーにして使用でき、色んな掃除に便利です。

汚れの主成分にある脂肪酸(油脂が分解されたもの。皮脂・垢や台所の油汚れも)やタンパク質(台所汚れに多く含まれる。血液などにも)を溶かす効果がある

皮脂や垢などの軽い汚れを洗濯するのにむいています。
キッチンの油汚れもよく落ちます。
血液汚れがキレイに落ちます。
スイッチなどの手垢汚れもスッキリ。

★セスキ炭酸ソーダを使った簡単掃除術

油汚れに強いセキススプレーを作ります。

【基本のスプレーの作り方】
水500cc+セスキ炭酸ソーダ小さじ1をスプレーボトルに入れてできあがり。

汚れがひどい場合は少し濃い目に作ります。
作ったスプレーは2~3ヶ月で使い切りましょう。
たんぱく質を溶かすので、皮膚が弱い人は手袋をした方がいいです。

シンク・排水口・三角コーナーのぬめりにスプレーして、数分置きスポンジでこすります。
消臭効果で臭いを中和消臭します。

細かい網目には歯ブラシを使います。
使った歯ブラシにもスプレーして少しおいた後、水洗いすればまた使えます。

ステンレスの曇りとり
水3リットルに大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを溶かし、ステンレス製のザルや茶こし、カトラリー類を入れて煮沸します。その後ブラシでこするとピカピカに。

アルミ製品はアルカリで黒ずむ性質があるのでこの方法はおすすめしません。

お弁当箱などのプラスチック製品のべたつきや臭いにも、セスキ洗浄スプレーをしてから洗うと効果的です。

スプレーで取れないときは、水3ℓに大さじ1のセスキ炭酸ソーダを溶かして
お弁当などのプラスチック製品を浸けておきます。
スポンジで洗えばスッキリです。

ドアノブ・スイッチまわりのお手入れ
水500mlに対し本品を約5g入れた液体をふきんなどにしみ込ませ、しっかり絞ったもので拭いてください。

軽い汚れはスプレーでも大丈夫。
毎日シュッシュとかけて拭いていれば汚れることはないですね。

★セスキ炭酸ソーダを使った簡単洗濯術

セスキで洗濯する場合、洗濯層にそのままパラパラっと投入。
(1時間ほど漬け置きしておくのもよいそうです)
洗いは気持ち長めにして、すずぎは1回でOKです。
よごれのひどい物は、セスキで1晩くらい漬け置きしてから洗うとよいです。

セスキと洗濯石けんを同時に入れて洗うのは、洗浄力を下げてしまうので注意。
セスキだけで洗った場合、生地のゴワつきが気になる事があるかも知れません。
そういった場合は、少しセスキの濃度を下げるとふんわり仕上がります。

ふつうの洗剤のかわりに、セスキ炭酸ソーダを使って洗濯すると、繊維を傷めずふんわりと洗い上がります。アルカリで汚れを落とすので、泡が立たず、すすぎは1回でOKです。洗濯にセスキ炭酸ソーダを使うと、洗濯槽の黒カビの発生も少なくなります。

使用量は、水30Lにセスキ炭酸ソーダ大さじ2杯が目安です。
水が少しヌルっとした感じになればいいです。
汚れがひどい時は多めに入れましょう。

関連まとめ

1





minomamaさん



  • 話題の動画をまとめよう