1. まとめトップ

最近また猛威を振るい始めたウィルス PCPowerSpeed/24×7Help/Inbox

最近PCのトラブルで駆けつける際に24×7 HELPやPCPowerSpeed、Rebateinformerなどの詐欺ソフトに感染してしまている方が増えてきました。一時期聞かなくなっていたのだが今更になって流行の兆しです。

更新日: 2015年03月11日

network.moonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
62 お気に入り 106669 view
お気に入り追加

最近PCのトラブルで駆けつける際に24×7 HELPやPCPowerSpeed、Rebateinformerなどの詐欺ソフトに感染してしまている方が増えてきました。
一時期聞かなくなっていたのだが今更になって流行の兆しです。

アンチウィルスソフトが反応しないこともあり、気が付いたらパソコンに常駐したままになっていることも多いようです。

現象

現象としては、「PCPowerSpeedはエラーを389件見つけました」などとウィルス対策ソフトのような画面を表示し、対策のためには製品版を購入してくださいと誘導する、24×7であれば女性の顔のアイコンが画面のあちこちに出現し製品版の購入を勧める、ブラウザのホームページが変更される、inboxのツールバーがインストールされる、などなど。

不安をあおり金銭を払わせようとするが、すべてでたらめの詐欺であるため心配する必要はありません。
なお、このソフトでパソコン内の情報が流出するなどの被害は今のところ確認しておりませんが、
こういったソフトは日々進化するため、今後注意が必要です。

support@pcpowerspeed.com 全く頭にくる、PCにポップアップしてくる、削除方法なんて書いてあるけど見つからない

[#PCサポート] 侵入者達のリスト OnlineVault 24x7Help PC Power Speed RebateInformer この辺まではすぐに見つけて駆除。 妙に変なhtaファイルがあったのですが、架空請求詐欺ではないかと思われ。封じ込めました。

調子が悪いと持ち込まれたマシン。デスクトップにおなじみの怪しいアイコンてんこ盛り。24x7 Help、AppGraffiti、PC Power Speed、RebateInformer、SiteRanker

PCの健全化に成功した。PCpowerspeedと24×7は前から住んでたから無視してたけど、多分昨日RebateInformerあたりに感染して先程までtwitter画面にでしゃばって来てたので、SiteRankerとかinbox関係のやつらと一緒に皆粛清した。

感染経路

感染経路としては、無料音楽ダウンロードや無料地図ダウンロードなどといった検索ワードからサイトに誘導し、ダウンロードした際にinbox Toolbarという大本となる詐欺ソフトをダウンロードし、そこを経路として様々なソフトがインストールされるようです。

ウィルスという扱いではないため、アンチウィルソフトは何の警告もしてくれません。

対処方法

対処方法としては以下となります。

まずは起動している詐欺ソフトたちを終了させましょう。
1、キーボードのCtrl+Alt+Deleteを同時押しします

2、タスクマネージャーを選択できる画面が表示されるためタスクマネージャーをクリックし選択します。

3、すると起動しているプロセス一覧というものが表示されているので以下の名前のもの、あるいは近しいものを右クリック→終了させてください。
PCPowerSpeed
PCFixSpeed
24×7 Help
Rebateinformer
AppGraffiti
Inboxとつくものすべて
Crawler Toolbar
Online Vault
SiteRanker
この時に間違えて違うものまで終了させてしまっても、再起動すれば元に戻りますので同じ手順を繰り返してください。


次にソフトの駆除です。

1、windows7までの方であれば、左下のスタートボタン→コントロールパネルを開きます
windows8の方はマウスを一番左下にもっていき、右クリックを押すとコントロールパネルの選択肢がありますので開いてください。

2、コントロールパネルが開きますのでその中の「プログラムの追加と削除」あるいは「プログラムのアンインストール」を開きます

3、ずらずらとプログラム名が出てくるはずです、その中から
PCPowerSpeed
PCFixSpeed
24×7 Help
Rebateinformer
AppGraffiti
Inboxとつくものすべて
Crawler Toolbar
Online Vault
SiteRanker
こういったものがあればクリックしアンインストールをしてください、英語の画面が出てくる場合もありますが、「削除していいですか?」という質問なので問題なくOKしてください。
この時にプラグラムが起動中のため終了できませんなどの表示が出た場合は、上記の詐欺ソフトの終了がうまくできていないので、手順を繰り返し同じような名前のソフトを終了させてください。
もし日付順に並び替えをすることができるなら同日にインストールしてしまったソフトで怪しいものはすべて削除するといいでしょう。

以上で詐欺ソフトの駆除は完了です。

場合によってはインターネットエクスプローラーなどのブラウザを開いた際のホームページが変更されていることがあるので、それを元に戻しましょう(IEとFireFoxの場合)
1、画面上部の「ツール」をクリックしてください(ツールが無い方はF10キーを押して出現させてください)
2、次に「インターネットオプション」または「オプション」をクリック
3、「全般」か「一般」タブに移ります
4、そこに表示されているホームページアドレスを削除し、これからホームページにしたいアドレスを入力してください。

1





質問などはTwitterにて



  • 話題の動画をまとめよう