1. まとめトップ
  2. 雑学

あなたは答えられる? 「自主性」 と 「主体性」の違い。

子供や後輩を指導する立場になったとき、この違いを理解してから指導してみたら驚くほど効果が上がりました。自主性と主体性の違いが曖昧なままの方、いらっしゃいませんか?

更新日: 2013年06月03日

kizunaichiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
212 お気に入り 244379 view
お気に入り追加

この質問、答えられますか?

この違いを知ったのは、恥ずかしながら最近のことでした。

それぞれの意味を知って、考えさせられるものがあったのでまとめてみます。

自主性とは。

「自主性」とは単純に「やるべきこと」は明確で、
その行動を率先して人に言われないで自らやることです。

自主的な人は、上司や周囲から言われなくても、率先して元気よく挨拶することができます。

「自主的に動け」は、言葉を変えると、
「同じやるなら、やれといわれてからやるのでなく、自分でやろうと思ってやれ」ということになります。

主体性とは。

「主体性」は、何をやるかは決まっていない状況で自分で考えて、
判断し行動することです。

主体的な人は、挨拶をする目的を考えます。そして、目的が「職場環境をよくすること」と定義したら

挨拶以外に朝礼をしようと企画して実行することができます。

「主体性をもって行動する」とは、
「状況を判断して、自らの責任で最も効果的な行動をとる」ということです。

主体性を持ち、自主性のある人材を育てる。

子供・後輩にチャンスを与える
・後輩の自主性を尊重する
・また、それができる姿勢、器量を自分がもつ

まずはやらせてみましょう。

こうやりなさい!とか、
何やってるの、駄目でしょ!こうやればいいの!など、
相手の自主性を潰さないようにしましょう。

相手が動けないのなら、こちら側からヒントを与えるなど
考えさせ、動いてみる、この流れを作ってあげましょう。
もし失敗したのなら、「それは違う!」ではなく、
何が違うのか、それによってどんなマイナスが生まれるのか、を指導し
自主的に動ける範囲を広げてあげましょう。

それが、主体性のある人の行動なのだと思います。

1





kizunaichiさん

(´・ω`・)ん?と思ったことをまとめてみたり。



  • 話題の動画をまとめよう